プロキシ環境下でのHomebrewとMavenのインストール方法

  • 21
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

経緯

学生「MavericksにしたらMaven消えました…」

Howto

Proxy環境下なら、bashにProxy設定

$ export http_proxy=http://example.com:8080/
$ export https_proxy=$http_proxy
$ export all_proxy=$http_proxy

example.com:8080 などはもちろん、各自のLAN環境に合わせて。
念の為、echoコマンドで設定値を確認しておくと良い。
昔はall_proxyいらなかった気もするんだけどな。

Homebrew が入ってなければインストール

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
  # Xcode Command Line Tools が求められたらインストール
  # xcode-select --install
$ brew -v
  # バージョン番号が表示されればOK

Mavenのインストール

$ brew install maven
$ mvn -v
  # バージョン番号が表示されればOK

MavenにProxy設定

JAVA_OPTSか、settings.xmlのどちらか一方で設定する。
BYOD環境でいちいち面倒な場合は環境変数がおすすめかも?

環境変数JAVA_OPTSで設定する方法

$ vim ~/.bash_profile
export JAVA_OPTS="-Djava.net.useSystemProxies=true"

settings.xmlで設定する方法

$ vim ~/.m2/settings.xml
settings.xml
<settings>
  <proxies>
    <proxy>
      <active>true</active>
      <id>myHttpProxy</id>
      <protocol>http</protocol>
      <host>example.com</host>
      <port>8080</port>
    </proxy>
    <proxy>
      <active>true</active>
      <id>myHttpsProxy</id>
      <protocol>https</protocol>
      <host>example.com</host>
      <port>8080</port>
    </proxy>
  </proxies>
</settings>

参考