体系的なSwift言語学習

  • 90
    いいね
  • 5
    コメント

言語学習をしていると、もっと体系的に学びたい、実際に実務でどんな感じのソースコードが書かれているかみたいなどと思うことがあると思います。その中で自分が体系的に学べたものをいくつか紹介したいと思います。
※内容は初心者から中級者向けです。

Github Repositories

  raywenderlichさんによる、swiftでalgorithmを学べるリポジトリです。

 

  Kickstarterさんが実際にリリースしているアプリのオープンソースリポジトリです。

 

  mixiさんが公開している、実務スキルを身につけることができるトレーニングコースです。
  Swift版は、のちに紹介する、「モバイルアプリ開発エキスパート養成読本」の
  著者の一人でもある、@marty-suzuki さんが作成した内容がマージされたものです。
 

  iOS界隈で有名な @mono0926 さんによる、言語処理100本ノックです。
  Swiftの言語処理について実践を通して学ぶことができます。

  

  画像処理や書籍「iOS×BLE Core Bluetooth プログラミング」で有名な 、
  @shu223 さんによる、iOS9で追加された機能のSamplerです。
 
 

  iOS-9-SamplerのiOS10版です。

Youtube Channels(動画配信サービス 無料)

  Jared Davidsonさんが爽やかな顔で登場して、
  有名アプリのUIを作成したり、実践的なアプリを作成したりしています。

 

  Brian Adventさんが様々な機能をおっとりとした声で
  解説をしながらコーディングする、実践的な動画をアップロードしています。

 

  Brian Voongさんが今流行りのFirebaseを使ったチャットアプリを作ったり、
  Playgroundを使ってAlgorithmsをコーディングしながら解説したり、
  実践的な動画をアップロードしています。

Udemy(動画学習サービス 有料)

  Xcodeをインストールしようから実践的なアプリを複数作って、
  体系的に様々な機能を学ぶことができます。

Books

  Swiftとはから始まり最後の方の章で、Github Search APIを使った、
  クライアントアプリを作成するまで学べるとても良い本です。
 

  今流行りのRxSwiftを使ったGithub Search APIを
  使ったクライアントアプリ作成する章の設計がとても実践的です。
  

これからも体系的な学習が出来るサービス、リポジトリなどがあったら随時更新していきます。
オススメの学習法があったら教えていただけると幸いです :pray: