CentOS6.4にJava 8のjdkをインストールする方法

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

要約

update-alternativesを使ってjava8をCentOS6.4にインストールします。
update-alternativesとは複数のバージョンのコマンドのうち、システム標準として使うコマンドを選択出来るものです。

現状のバージョンを確認します。

# java -version
java version "1.7.0_45"
OpenJDK Runtime Environment (rhel-2.4.3.2.el6_4-x86_64 u45-b15)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.45-b08, mixed mode)

yumを使ってjdk1.8をインストールします。

# yum install jdk1.8.0_25

このままではシステム標準のjavaのバージョンは1.7のままなので、
update-alternativesで1.8に切り替えます。

# /usr/sbin/update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/jdk1.8.0_25/bin/java 1000
# /usr/sbin/update-alternatives --set java /usr/java/jdk1.8.0_25/bin/java

切り替わりました。

# java -version
java version "1.8.0_25"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_25-b17)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.25-b02, mixed mode)

最後に

java8がyumのレポジトリに存在しない場合は以下のページを参考に入れてみてください。
http://zero-config.com/centos/install-java8.html

Oracleのサイトよりjdkをダウンロードするにはcookieが必要だったりするので、
以下のエントリーの要領でダウンロードすると良さそうです。

http://qiita.com/hajimeni/items/67d9e9b0d169bf68d1c9