リカバリーディスク無しに Windows 10 を再インストールする

  • 4
    Like
  • 0
    Comment

諸事情1によって Windows 10 を再インストールしないといけない状況に追い込まれました。

リカバリーディスクが無い場合にWindows10を再インストールする手順を紹介します。

必要なものは8GB以上のUSBメモリと、起動できるWindowsのPCです。

手順

  1. Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロードする
  2. ISOをUSBメモリに書き込む
  3. USBメモリからブートする
  4. 再インストール

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロードする

Microsoftの公式ページから Windows 10 のISOイメージをダウンロードできます。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード)

ISOをUSBメモリに書き込む

ISOイメージをUSBメモリに焼くために Rufus という Windows のソフトウェアを利用しました。
ファイルシステムはNTFSを選択し、ブートディスクを作るを有効にしました。

http://rufus.akeo.ie/

最初は Mac から ddコマンドを使ってISOをUSBに書き込んだのですが、ファイルシステムがUDFとなってしまって、諦めました。予備のWindowsのPCを持っていて助かりました。

USBメモリからブートする

機種や BIOS/UEFI の設定によってブートローダを表示する方法は色々です。

ドスパラで買ったデスクトップPCでは、起動時にF8を連打することで、ブートローダを表示してUSBメモリから起動することができました。

USBメモリからブートすると、OSの再インストールの画面になるので、画面の指示に従って再インストールすればOKです。


  1. Windows10 Inside Previewの「ビルドが期限切れになります」というのを放置していたら、ついに起動しなくなりました。UEFIの設定から過去の日付に変更することで起動はできるものの、ビルドが期限切れていて Windows Update も使えない状態でした。自動修復モードからのWindowsの再インストールを試しましたが、再インストール後も期限切れのビルドのInside Previewが入ってしまい、問題が解決しませんでした。