はじめてのChromecastアプリ開発

  • 2
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

言ってしまうと https://developers.google.com/cast/ に書いてあるとおりのことをやってるだけです。。

デバイス登録する

デバイス登録は今回使用するChromecastを開発用として使うための必要な作業です。
つまり、デバイス登録することにより公開前のアプリケーションをCastすることができるようになります。

  • GoogleのキャストSDKの開発者コンソールからログインします(アカウント登録に5ドル程度かかります)
  • デバイス->ADD NEW DEVICE を選択します
  • 「Serial Number」にChromecastに記載されたSerial Numberを入力します

その後デバイス登録完了まで、約15分かかります。STATUS が「Ready For Testing」になれば完了です。
Chromecastを再起動してください。

ChromeブラウザからCastするための拡張機能を追加

Google Cast app or Chrome extension.を拡張機能として追加してください

Castするソースを設置します

https://developers.google.com/cast/docs/downloads から今回使用するソースコードを取得します

Senderのソースコードを取得する

$ git clone https://github.com/googlecast/CastReferencePlayer

SenderはWEBで公開されている環境であればどこでも構いません。

http://yourdomain.com/chromecast_test/sender/CastVideos-chrome/index.html

でアクセスできるようにしました。

Reciverのソースコードを取得する

$ git clone https://github.com/googlecast/CastReferencePlayer

ReciverはHTTPS通信が必要です。

https://yourdomain.com/chromecast_test/receiver/CastHelloVideoPlayer/receiver.html

でアクセスできるようにしました。

アプリケーション登録する

デバイス登録と同様にGoogleのキャストSDKの開発者コンソールからログインします

  • Applications -> ADD NEW APPLICATION を選択します
  • アプリケーションのタイプを選択します
    • Remote Display Receiver
      • UIを変更することができないので、まずは再生確認を という場合はコチラを選択する
    • Styled Media Receiver
      • 標準のスタイルからロゴ、スタイルのみを変更する場合はコチラを選択する
      • StypeのURIを指定することができます
    • Custom Receiver
      • UIを自由に設定できるReceiverです。通常はコチラですね。
  • Custom Receiver を選択し、Receiver Application URLに先ほど設置したReciverのURLを指定します

これでCastテストを行なう環境は整いました。
あとはSenderのURLからアクセスしてCastを行ってみてください。