2017年のCommon Lispのコーディングスタイルはこれだ!

  • 18
    いいね
  • 4
    コメント

Google Common Lisp スタイルガイド (これがおすすめだ!)

というかこれとNorvig&Pitman氏のもの位しかないです。
まずまず、妥当なところが書いてあります。
Common Lisp学習者は、殆どの人が独学だと思いますので、妙な俺ルールを作る前に一度目を通してみることをお勧めします。

Tutorial on Good Lisp Programming Style(これもおすすめだ!)

(Lisp Users and Venders Conference 1993でのPeter Norvig氏の発表)

こちらも有用で有名なガイドです。こっちの方がgoogleのものより知られているかも。
一度は目を通しておきましょう。

その他

Lisp style & design

Common Lispのコーディングについて書法やプロジェクトの構成法等が書いてある本です。
絶版。

読んでみたら良いと思われるソースコード

Zach Beane氏(Quicklispの作者)のソースは綺麗という話です。奇を衒うこともなく無難でありつつCommon Lisp的で、スタイル的にはお手本になる人かなと思います。
また、ITAのCommon Lispハッカー達のコードも入手でき、規模の大きいプロジェクトでのCommon Lispのコーディングを窺い知れます。


コメント

2017年版へと改訂:変化なし
2016年版へと改訂:
2015年の内容とほぼ一緒ですが、ITAのCommon Lispハッカーについて追記しました