【個人メモ】CentOS環境に登録するyumリポジトリ

  • 593
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

yumパッケージ

身の回りの環境がCentOSばっかりだ。
が、CentOSをインストールしただけの環境では
インストールできるパッケージは古い物ばかりだ。
できれば新しいものを使いたい。

少しだが、登録しとくと良さそうなリポジトリをまとめておく。

対象のCentOSのバージョンは6.5。

epel

fedoraプロダクトが提供しているRHEL向けの
ディストリビューションに適用できるパッケージ。

ansibledockerを入れたい場合には必須

http://fedoraproject.org/wiki/EPEL

リポジトリ登録方法

> yum localinstall http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

例) ansible、dockerインストール

> yum install ansible docker-io

ius

Python2.7, PHP5.5、Python3.3、Git 1.8など
そこそこ新しいパッケージが入れられる。

http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/repoview/

リポジトリ登録方法

> yum localinstall http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/ius-release-1.0-11.ius.centos6.noarch.rpm

例) python3.3 をインストール

> yum install python3.3 --enablerepo=ius

remi

redisがあったりする。便利。

https://github.com/remicollet/remirepo

リポジトリ登録方法

> yum localinstall http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

例) redisをインストール

> yum install redis --enablerepos=remi

mysql

MySQL オフィシャル。

http://dev.mysql.com/downloads/repo/

リポジトリ登録方法

> yum localinstall https://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm

例) MySQL 5.6をインストール

> sudo yum install mysql-server --enablerepo=mysql56-community

mariadb

MariaDBオフィシャル。

https://mariadb.com/kb/en/installing-mariadb-with-yum/

リポジトリ登録方法

以下のファイルを/etc/yum.repos.d/ 以下にファイルを作成

maria.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.0.10/centos6-amd64/
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

例) mariadbインストール

> yum install MariaDB-client MariaDB-server --enablerepo=mariadb

postgresql

PostgreSQLオフィシャル。

http://yum.postgresql.org/

リポジトリ登録方法

> yum localinstall http://yum.postgresql.org/9.3/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos93-9.3-1.noarch.rpm

例) PostgreSQL インストール

> yum install postgresql93 postgresql93-server --enablerepo=pgdg93

nginx

nginxオフィシャル

http://wiki.nginx.org/Install#Official_Red_Hat.2FCentOS_packages

リポジトリ登録方法

以下のファイルを/etc/yum.repos.d/ 以下にファイルを作成

nginx.repo
[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

例) nginxをインストール

yum install nginx --enablerepo=nginx

mongodb

mongodbオフィシャルリポジトリがある

http://docs.mongodb.org/manual/tutorial/install-mongodb-on-red-hat-centos-or-fedora-linux/#configure-the-package-management-system-yum

リポジトリ登録方法

以下のファイルを/etc/yum.repos.d/ 以下にファイルを作成

mongodb.repo
[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=1

例) mongodbインストール

yum install mongodb-org mongodb-org-server --enablerepo=mongodb

td-agent

http://docs.fluentd.org/ja/articles/install-by-rpm#step1-rpm

リポジトリ登録方法

オフィシャルにあるシェルスクリプトを実行するか、

> curl http://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat.sh | sh

シェルスクリプト内にあるyum repositoryファイルを作成し、yum installする。

td-agent.repo
[treasuredata]
name=TreasureData
baseurl=http://packages.treasure-data.com/redhat/\$basearch
gpgcheck=1
gpgkey=http://packages.treasure-data.com/redhat/RPM-GPG-KEY-td-agent

例) td-agentをインストール

yum install td-agent --enablerepo=treasuredata

ansible playbook 書いた

https://github.com/futoase/playbook-yum-repository-for-centos

一つ一つリポジトリを設定するのは大変なので、playbookを書いた。