New Relicでめっちゃ簡単にRailsアプリケーションの監視をする

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント

advent calendar5日目です。枠が空いていたので書きます。
2日目に書いたLinuxサーバーをNew Relicで監視するのRails編について書きます。
これも5分くらいで終わります。

  • https://newrelic.com/にログインし、AMPを選択
    スクリーンショット 2016-11-26 15.37.26.png

  • Rubyを選択

  • 「Reveal license key」のボタンを押してlicense keyを取得
    スクリーンショット 2016-12-05 23.52.21.png

  • RailsのバージョンはRails3でOK
    スクリーンショット 2016-12-05 23.52.27.png

  • RailsのGemfileにgemを追加してbundle install

gem 'newrelic_rpm'
  • newrelic.ymlをダウンロードしてconfig配下に置く
    スクリーンショット 2016-12-05 23.57.39.png

  • newrelic.ymlのlicense_keyにはじめに取得したkeyをコピペ

  • デプロイ

まとめ

めっちゃ簡単。
スクリーンショット 2016-12-06 0.03.15.png

エラー箇所とかcontrollerのアクションごとのトランザクションが分かったり、 DBのクエリの時間が分かったりetc...
通知設定もできるっぽいのでめっちゃ便利そう