cocos2d-xにFirebaseをpods経由でインストール for iOS

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント

Firebase on cocos2d-x with cocoapods が2016年ごろはうまく行かなかった。

そのため今までは手動でFirebaseを導入していた(下記リンク参照)。
Cocos2d-x v3.x プロジェクトにFirebaseのSDKをCocoapodsを使わずに導入する(iOS版)

最近うまくいくようになったので手順を記す。

TL;DR

バニラのcocos2d-xプロジェクトにpodsでFirebaseを
入れてイニシャライズまでできるようにする。

前提

  • OSX 10.12.2
  • cocos2d-x-3.14
  • CocoaPods 1.1.1 (rbenvのruby2.3.3p222からインストール)
  • Xcode 8.2.1

コマンドラインで操作する箇所

  1. cocos new (以下略) でバニラのプロジェクト(ここではSandboxFBCと仮称)を用意
  2. cd proj.ios_mac
  3. pod init でPodfileを生成。その後下記の行を追加する。
Podfile
#ファイルのトップに記載
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.0'

#target 'SandboxFBC-mobile'のスコープ内に記載
pod 'Firebase'

pod install でインストール
インストール後はSandboxFBC.xcworkspaceを開く。

下記はXcodeで操作する。

  • プロジェクト設定の 'Build Settings'から、下記図赤線の箇所1に'$(inherited)'を追加してフラグを継承させる。

(反映されると値が継承されて図のようになる。値をポイントで指すことで全部の中身が観れる(スクロールなどは無さそう・・・)。-ObjCもそこで追加されている。)

override-flags.png

  • Linked Frameworks and Libraries でライブラリを追加する。GameController.frameworkとMediaPlayer.framework2を追加する。

adding-fw3.png

  • 最後に、FirebaseのコンソールからGoogleService-info.plistを追加し、ios/AppController.mm に configureなどを記述する。

  • 起動すれば準備完了。


  1. 検索フォームに"lib"と入れて絞り込んでいる 

  2. つい最近必要になったと思われる。MPMoviePlayer関連でコンパイルエラーになった場合は必要。