Vagrantの保存パスを変える

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

Vagrantで仮想マシンを作るまでの一連のファイルはデフォルトでCドライブに溜まる。
が、容量の少ないSSD+HDDの構成のPCなどで考えなしにVMを増やすとディスクがすぐなくなる。
ので、ディレクトリを変更する為の小ネタ。

デフォルトだと

Vagrantのファイルは C:/Users/fktan5/.vagrant.d/ のように置かれる。
追加したBoxイメージなどはここに保存されている。

VirtualBoxのファイルは C:/Users/fktan5/VirtualBox VMs/ に置かれる。マシンのファイル・ディスクファイルなどを保存している。

方法

Windowsで実施。

  • VAGRANT_HOMEを環境変数として登録する。

  • Virtualboxの環境設定から一般→デフォルトの仮想マシンフォルダーでディレクトリを変更する。

  • 試しにVMをVagrantで作り、ファイルが指定したパスで作られているか見る。

  • この際、想定のパスにファイルが保存されなかった場合、コントロールパネル→プログラムと機能→Vagrantから右メニューで修復を選ぶ。

GenymotionもVirtualBoxVMなので、設定を確認しておいたほうがいいかも