CentOS 7(XFS)でLVMディスク拡張でハマったこと

  • 87
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

CentOS 7でLVMディスク拡張するときに、ハマったことがあるので共有。

LVの拡張まで行って、最後にファイルシステムを拡張しようとするときに、CentOS 6の時代と同じくresize2fs とやると以下のエラー

[root@localhost ~]# resize2fs /dev/centos/root
resize2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
resize2fs: Bad magic number in super-block while trying to open /dev/centos/root
Couldn't find valid filesystem superblock.

調べていくと、CentOS 7 からデフォルトになっているXFSではresize2fsは利用できないということ。

XFSではresize2fs の代わりに xfs_growfs を使えばOK

[root@localhost ~]# xfs_growfs /dev/centos/root
meta-data=/dev/mapper/centos-root isize=256    agcount=4, agsize=3276800 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=0
data     =                       bsize=4096   blocks=13107200, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=0
log      =internal               bsize=4096   blocks=6400, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 13107200 to 39321600
[root@localhost ~]# echo $?
0

うまくいきました。