EC2でインスタンスストアを使う

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

i3などのストレージ最適化インスタンスには,NVMe SSDなどの一時ボリュームがついています.

インスタンスストアは、インスタンス用のブロックレベルの一時ストレージを提供します。このストレージは、ホストコンピュータに物理的にアタッチされたディスク上にあります。インスタンスストアは、頻繁に変更される情報 (バッファ、キャッシュ、スクラッチデータ、その他の一時コンテンツなど) の一時ストレージに最適です。また、インスタンスのフリート全体でレプリケートされるデータ (負荷分散されたウェブサーバープールなど) にも適しています。

from http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/InstanceStorage.html

i3.largeにインスタンスストアボリュームをマウントする

インスタンスストアボリュームは,起動時にはマウントされていない.
従って,以下のコマンドでフォーマットとマウントをする必要がある.

$ sudo mkfs.ext4 -E nodiscard /dev/nvme0n1
$ sudo mkdir /mnt/ssd
$ sudo mount -o discard /dev/nvme0n1 /mnt/ssd

簡易的な読み出し性能の測定

m4.large / EBS gp2(300 IOPS, 450Mbps bandwidth)

  • 71.26 MB/secc
$ sudo hdparm -t /dev/xvda1

/dev/xvda1:
 Timing buffered disk reads: 214 MB in  3.00 seconds =  71.26 MB/sec

i3.large / NVMe SSD

  • 580.10 MB/sec
$ sudo hdparm -t /dev/nvme0n1

/dev/nvme0n1:
 Timing buffered disk reads: 1906 MB in  3.29 seconds = 580.10 MB/sec

EBSとNVMe SSDでは,当然ながらこれだけの大差がつく.