Livecoding.tvで貴方のコーディングを垂れ流す方法(Ubuntu編)

  • 23
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

最近、LiveCoding.tvというサービスを試していた。

これはどういうサービスかというと、この辺りのTechcrunchの記事でも見れば良くて、要するに「ライブコーディング専門」のチャンネルだというように考えればいいかと思う。

livecodingtv.png

自分はClojureを使っているので、こんな感じで配信していたのですが、外国人が「おっ、いいですね〜」と反応してくれたりしてくれるので、気分は悪くない印象がある。

さて、このLivecoding.tvなのだが、プロトコルとしてrtmpを使っているので、Linux上で配信するときは少々面倒くさい。とはいえ、こういう面倒くさいことは、誰かがスクリプトに書き残してくれている。

LiveCoding-Streamer-Linuxgit cloneして、livecoding_keyを書き換えれば、それで配信できるようになる。

ちなみに、livecoding_keyは、アカウントのところからChannel Settingsを開いて:

channeldisplay.png

Your Streamer Keyを叩きこめば完了する。

つーわけで、これでLiveCodingが使えるようになる。俺はClojureを使っていたが、だいたいメジャーどころとして登録されているのはRubyとかPythonとかになる。

とはいえ、気軽にライブコーディングを垂れ流すのは思ったより楽しいというのもあるので、気が向いたらやってみるといいと思う。別にLiveCoding.tvじゃなくてもよくね?って言われたらそうなんだが……