Atom でエンコーディングを自動判別するパッケージ auto-encoding

  • 70
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

TL;DR

Atom(1.3.2)でファイルを開いたときにエンコーディングを自動判別するようにしたければ auto-encoding を使うとよい。

Atom がエンコーディングを自動判別してくれない

Atom 1.3.2 は、ファイルを開いたときにファイルエンコーディングを自動判別してくれない。

before.png

つらい。

Ctrl + Shift + u という手があるが

Ctrl + Shift + u でエンコーディングを選べて、「Auto Detect」という選択肢があるのでこれで判別できるのだが、ファイルを開く都度 Ctrl + Shift + u を押すのはメンドクサイ。

デフォルトのエンコーディングを設定できるが

また、「File」メニューの「Settings」から「Core Settings」→「File Enconding」でデフォルトのエンコーディングを設定できるが、ここにはなぜか Auto Detect がない。

なぜだ。

auto-encoding が救う

そこで auto-encoding というパッケージが役に立つ。

https://atom.io/packages/auto-encoding

その機能はズバリ「default "Auto Detect"」。

apm で簡単にインストールできる。

$ apm install auto-encoding

インストール後、ファイルを開きなおす。

after.png

嬉しい。

auto-encoding が Google 検索でイマイチ引っかかりにくいようで、存在に気づいていない人もいそうなので書きました。