rbenv インストールから Bundler を使用した Rails のローカルインストールと起動まで

  • 124
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

以下の環境は全て Mac OS X

参考にした URL

rbenv を利用した Ruby 環境の構築
http://dev.classmethod.jp/server-side/language/build-ruby-environment-by-rbenv/

Rails開発環境の構築(rbenvでRuby導入からBundler、Rails導入まで)
http://qiita.com/emadurandal/items/a60886152a4c99ce1017

rbenv, ruby-buildのインストール
http://qiita.com/isaoshimizu/items/07ddd1e25996e19d45bf

rbenv環境でBundlerを使ってgemを管理する
http://qiita.com/itayan/items/2948d35a699bbfd98f66

Ruby on Railsでモデル作成からデータ取得まで実装してみる
http://owen11.hateblo.jp/entry/2014/08/14/175551

rbenv のインストール

rbenv は Ruby の切替が主目的のようなので、Ruby のインストールが出来るように ruby-build も併せてインストールする

Git でインストール

Mac OS X の homebrew でもインストールできるけど、最新版が使えるまでに時間がかかることもあるようなので Git 推奨

rbenv

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

$ source ~/.bashrc
$ rbenv --version
rbenv 0.4.0

ruby-build

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

Git でインストールした場合のアップデート方法

$ cd ~/.rbenv
$ git pull
$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ git pull

Mac OS X の homebrew でインストール

いつも手を抜く brew update は必ず実行すること

$ brew update
$ brew install rbenv ruby-build

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

$ source ~/.bashrc
$ rbenv --version
rbenv 0.4.0

新規 Rails プロジェクト作成手順

ローカル Ruby のインストール

インストールされている Ruby のバージョンを確認

$ rbenv versions
* system (set by /Users/eikichi/.rbenv/version)
  2.1.3

Ruby の新しいバージョンが有るか確認

$ rbenv install -l
  2.1.0
  2.1.1
  2.1.2
  2.1.3
  2.1.4
  2.2.0-dev
  2.2.0-preview1

新しいバージョンの Ruby をインストール

$ rbenv install 2.1.4
Downloading ruby-2.1.4.tar.gz...
-> http://...
Installing ruby-2.1.4...
Installed ruby-2.1.4 to /...

プロジェクトディレクトリに移動してローカル Ruby を設定

$ cd /path/to/project
$ rbenv local 2.1.4

プロジェクトディレクトリに .ruby-version ファイルが生成される

ローカル Ruby のバージョン確認

$ rbenv version
2.1.4 (set by /...

Rails のローカルインストールの準備

ローカル Ruby に Bundler のみをインストール

$ rbenv exec gem install bundler
$ rbenv rehash

Gemfile 作成

$ rbenv exec bundle init

Gemfile 編集

$ vi Gemfile

編集内容

source "https://rubygems.org"

gem "rails", "4.1.7" # 出来るだけ開発開始時の最新バージョンを指定

Rails を vender/bundle ディレクトリ以下にインストール

$ rbenv exec bundle install --path vendor/bundle

インストールされた Gem を確認

$ rbenv exec bundle list 
Gems included by the bundle:
  * actionmailer (4.1.7)
  ...

Rails プロジェクト作成

MySQL を利用

$ rbenv exec bundle exec rails new project-name --skip-bundle -d mysql

SQLite を利用(デフォルト)

$ rbenv exec bundle exec rails new project-name --skip-bundle

--skip-bundle を必ず指定すること。指定しないとと bundle install が発動し、ローカル Ruby 自体 に Gem がインストールされてしまう

Rails をローカルインストールするために使用した Bundler 環境を削除

$ rm -f Gemfile
$ rm -f Gemfile.lock
$ rm -rf .bundle
$ rm -rf vendor

Rails プロジェクトセットアップ

Rails プロジェクトディレクトリに移動

$ cd project-name

必要に応じて Gemfile などを編集

Bundler で必要な Gem をインストール

$ rbenv exec bundle install --path vendor/bundle

Gitの管理対象から vendor/bundle ディレクトリを外す

$ echo '/vendor/bundle' >> .gitignore

Rails プロジェクト起動

$ rbenv exec bundle exec rails server