iOS、Androidの解像度について(iOSはpt / Androidはdp)

  • 14
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

スマートフォンの解像度や縦横比は、非常に複雑ですね。
レスポンシブルに対応するには、デザイナーさんとの協力が不可欠です。
(仲良くしましょう!)

そこで、デザイナーさんとの共通用語の単位について、
再度整理したいと思います。

iOSの解像度

パターン 比率 対応端末
@2x 1pt = 2px iPhone4/4S/5/5S/5C/SE/6/6S
@3x 1pt = 3px iPhone6 Plus/6S Plus

iPad系は面倒なので、一旦除きます。

Androidの解像度

パターン 比率 対応端末
hdpi 1dp = 1.5px 800✕480px/854✕480px/960✕540px
xhdpi 1dp = 2px 1,280✕720px/960✕640px
xxhdpi 1dp = 3px 1,920✕1,080px
xxxhdpi 1dp = 4px 2,560✕1,440px

デザイナーさんに依頼するときは、iOSはpt、Androidはdpで指定するように伝えましょう。

特にWeb系のデザイナーさんに依頼するときは、注意しましょう。

『余白(パッディング、マージン)、大きさ(幅、高さ)、フォントは、ピクセル指定しない。』

iOSはpt指定、Androidはdp指定すると解像度を意識しなくとも良いので、
その旨を正確に伝えましょう!

参考

スマートフォンアプリマーケティング 現場の教科書