Check! Visual Studio Code で PHP をデバッグ実行 (Xdebug)

  • 57
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

こんにちは、オークファンの @dz_ こと大平かづみです。

Prologue - はじめに

プライベートでも使っている Visual Studio Code で PHP デバッグができるように、 PHP Debug の拡張機能を導入してみました!

20160621_vscode_006.png

Visual Studio Code とは?

さて、 Visual Studio Code は、Microsoft 製のオープンソースのエディタです。

Javascript をはじめ、 PHP もある程度補完してくれ、シンプルながら使いやすいエディタです。Windows はもちろん、Mac, Linux でも利用できるので、両刀遣いとしても重宝します。

Visual Studio Code > Debuggers > PHP Debug

前提

  • 接続先のサーバーに xdebug がインストールされていること

おおまかな流れ

  • 接続先サーバーの xdebug を設定する
  • Visual Studio Code の拡張機能をインストールする
  • Visual Studio Code デバッグ設定をする

手順

接続先サーバーの xdebug を設定する

接続先サーバーの xdebug の設定が以下のようになってることを確認してください。

xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_autostart=1

Visual Studio Code の拡張機能をインストールする

Visual Studio Code のコマンドパレットを開き、「ext install」と入力して、「Extensions: Install Extension」をクリックします。
20160621_vscode_002.png

PHP Debug をクリックし、インストールします。
20160621_vscode_005.png

Visual Studio Code のデバッグ設定をする

Visual Studio Code で、デバッグするコードを含むディレクトリを開きます。

デバッグ画面を開き、歯車のマークをクリックし、環境設定を開きます。
20160621_vscode_001.png

launch.json が開かれるので、以下のように設定します。

.vscode/launch.json
{
  "version": "0.2.0",
  "configurations": [
    //-- ここから
    {
      "name": "Custom Xdebug setting",
      "type": "php",
      "request": "launch",
      "port": 9000,
      "serverSourceRoot": "/var/www/html",
      "localSourceRoot": "${workspaceRoot}"
    }
    //-- ここまで
  ]
}
項目 内容
name 設定の名前 (任意の文字列)
type php
request launch
port xdebug のポート (デフォルトでは 9000
serverSourceRoot 接続先サーバー上のドキュメントルート
localSourceRoot ローカルマシン上のソースコードのディレクトリ ( ${workspaceRoot} は Visual Studio Code で開いているディレクトリ)

Epilogue - おわりに

しばらく使ってますが、とくに不便なく利用しています。ぜひ使ってみてください!