Check! コンテナ管理プラットフォーム Rancher を Azure 上で動かしてみよう

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント

こんにちは、 @dz_ こと大平かづみです。

Prologue - はじめに

Rancher Meetup Tokyo #2 に参加して、 Rancher に惚れたのでさっそく触ってみようと思います (σ〃’ω’)σ

あれ、 Azure のアドベントカレンダーなのに何事!?

と思われたあなた、実は Rancher は Azure をホストとして利用できるのです (*ゝノ3・)

なので、これを目標に、今回は Rancher を Azure 上で動かすところまでに挑戦します~!

Rancher とは?

Rancher は、Docker をはじめとするコンテナを管理できるプラットフォームです。Kubernetes, Swarm, Mesos など主要なオーケストレーションツールに対応し、また様々なホストを利用することができます。

この管理プラットフォームとは別に、 RancherOS という、Dockerコンテナを動かすための軽量Linuxも提供されています。

Rancher と Azure で遊ぶ準備

まず、Rancher 自体はローカル環境でも動くのですが、外部のホストを利用するには、そのホストから Rancher にアクセスできる環境でないとなりません。

ということで、今回は Azure 上に構築します。

Rancher の要件

  • Ubuntu 16.04
    • 64-bit
    • kernel of 3.10+
  • 1GB Memory
  • Docker 1.10.3+

Azure 上で Rancher を動かそう

大まかな流れ

  1. 仮想マシン環境 + Docker Extension を構築する
  2. Rancher を起動する
  3. アクセスコントロールを設定する

1. 仮想マシン環境 + Docker Extension を構築する

Rancher は2台のコンテナで動いているので、仮想マシン + Docker Extension で構築してみます。

Running Rancher is as simple as launching two containers.

実は、すでにテンプレート Simple deployment of an Ubuntu VM with Docker があり、デプロイボタンでサクッと作れちゃいます。ポータルから作ろうとすると TLS の設定に惑わされるし、CLI でも作れますが、今回は楽してしまいましょう~

20161218_rancher-azure_003.png

ただし、このテンプレートで作成される仮想マシンは Standard_F1 で、 ¥6,905.81/月 ほどかかります。価格を抑えたい方は、適宜ご調整ください。

なお、他の Azure で Docker を使う方法について後述しましたので、ご参考になれば幸いです。

2. Rancher を起動する

デプロイが完了したら、仮想マシンにSSHログインして、Rancher を起動しましょう。Rancher の起動は以下のコマンドを実行するだけです。

docker run -d --restart=unless-stopped -p 8080:8080 rancher/server

これだけ!かんたーん!

立ち上がるまでしばらく待ってから、ブラウザで仮想マシンの 8080 ポートを開くと、Rancher のダッシュボードにアクセスできます。(Microsoft Edge だとうまく表示されないことがあるので、 Google Chrome をお勧めします。)

  • 例: http://xxx.japaneast.cloudapp.azure.com:8080/

20161218_rancher-azure_007.png

3. アクセスコントロールを設定する

Rancher を起動した直後は、だれでも触れる状態になってますので、アクセスコントロールの設定が推奨されています。

認証方法がいくつか提供されています。簡単そうな GitHub による認証を設定してみます。

上部のメニューから、「ADMIN」 > 「Access Control」 を開きます。 1.Setup GitHub Application の「click here」から、GitHub の アプリケーション登録画面 を開きます。「Register a new application」をクリックし、画面の指示に従い入力し、「Register application」で登録します。

20161218_rancher-azure_019.png

20161218_rancher-azure_020.png

生成された Client IDClient Secret を Rancher の設定画面に入力し、保存します。「Authenticate with GitHub」をクリックし、認証を完了してください。

20161218_rancher-azure_021.png

20161218_rancher-azure_022.png

ふぅ、これで Rancher を利用する準備ができました!!(。・ω・)ゞ

コラム: Azure で Docker 環境を作るには?

さて、余談ですが、 Azure で Docker 環境を作るにはいくつか方法があります。

どれも、手順に従えばとても簡単に構築できますので、用途に合わせてご検討くださいませ!

Epilogue - おわりに

さぁ、Rancher の環境は整いました!

次回はいよいよ Azure をホストとして登録してみますよっ!(☆´ω`)ノ

この投稿は Microsoft Azure Advent Calendar 201621日目の記事です。