1. Qiita
  2. 投稿
  3. TransmitMail

TransmitMail 2 で入力内容を Google スプレッドシートに保存する

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

TransmitMail 2 で入力内容を Google スプレッドシートに保存するカスタマイズ例をご紹介します。

開発および動作確認環境

開発および動作確認環境は下記の通りです。

  • TransmitMail: 2.0.0
  • PHP: 5.6.10

input.html に入力フィールドを追加する

input.html に下記のような入力フィールドを追加します。

input.html
<table>
    <tr>
        <th>お名前</th>
        <td><input type="text" name="お名前" value="{$お名前}"></td>
    </tr>
    <tr>
        <th>年齢</th>
        <td><input type="text" name="年齢" value="{$年齢}"></td>
    </tr>
    <tr>
        <th>メールアドレス</th>
        <td><input type="text" name="メールアドレス" value="{$メールアドレス}"></td>
    </tr>
</table>

Google Developers Console の設定をする

プロジェクトの作成

下記 URL にアクセスして、プロジェクトを作成します。

https://console.developers.google.com/project

「プロジェクト名」と「プロジェクト ID」は任意の名前を設定します。

Google API の設定

「Google API を利用する」をクリックします。

「Drive API」で検索をして、「Drive API」リンクをクリックします。

「API を有効にする」ボタンをクリックします。

「認証情報」->「認証情報の追加」->「サービスアカウント」をクリックします。

「P12」を選択して、「作成」ボタンをクリックする。

「xxx.p12」という名前のファイルがダウンロードされるので、 config ディレクトリ以下に配置します。

「メールアドレス」をクリックすると「クライアント ID」が確認できます。

「メールアドレス」と「クライアント ID」はあとで必要になるので、メモしておきます。

Google スプレッドシートを用意する

入力フィールドにあわせて下記のような Google スプレッドシートを用意します。

スプレッドシートに権限を追加する

画面右上の「共有」ボタンをクリックして、共有設定画面を開きます。

「Google API の設定」でメモしたメールアドレスに「編集者」権限を与えます。

composer.json を作成する

composer.json を作成して必要なパッケージを記述します。(Composer については、詳しくはググってください。)

composer.json
{
    "require": {
        "asimlqt/php-google-spreadsheet-client": "2.3.*",
        "google/apiclient": "1.1.2"
    }
}

composer install を実行して、パッケージをインストールします。

$ composer install

設定情報を config.yml に追加する

各種設定情報を config/config.yml に追加します。

config/config.yml
config:
    google_client_id: {クライアント ID}
    google_client_email: {メールアドレス}
    google_client_key: {P12 ファイルのファイル名}
    google_client_key_password: notasecret

exTransmitMail.php を作成する

TransmiMail クラスを継承した exTransmiMail クラスを lib/exTransmitMail.php に作成します。

lib/exTransmitMail.php
<?php
class exTransmitMail extends TransmitMail
{
}

exTransmitMail クラスに機能を実装する

メール送信のあとの処理となる afterSetTemplateAndSendMail メソッドを追加し、そこに処理を書いていきます。( afterXXX メソッドについては Wiki をご参照ください。)

lib/exTransmitMail.php
/**
 * メール送信のあとの処理
 */
public function afterSetTemplateAndSendMail()
{
    if ($this->page_name === 'finish') {
        require_once('vendor/autoload.php');

        $google_client = new Google_Client();
        $google_client->setApplicationName('TransmitMail');
        $google_client->setClientId($this->config['google_client_id']);
        $google_client->setAssertionCredentials(
            new Google_Auth_AssertionCredentials(
                $this->config['google_client_email'],
                ['https://spreadsheets.google.com/feeds','https://docs.google.com/feeds'],
                file_get_contents(dirname(__FILE__) . '/../config/' . $this->config['google_client_key']),
                $this->config['google_client_key_password']
            )
        );

        $google_client->getAuth()->refreshTokenWithAssertion();
        $token  = json_decode($google_client->getAccessToken());
        $access_token = $token->access_token;

        $service_request = new Google\Spreadsheet\DefaultServiceRequest($access_token);
        Google\Spreadsheet\ServiceRequestFactory::setInstance($service_request);

        $spreadsheet_service = new Google\Spreadsheet\SpreadsheetService();
        $spreadsheet_feed = $spreadsheet_service->getSpreadsheets();

        $spreadsheet = $spreadsheet_feed->getByTitle('TransmitMailの入力内容を保存するスプレッドシート');
        $worksheet_feed = $spreadsheet->getWorksheets();
        $worksheet = $worksheet_feed->getByTitle('シート1');
        $list_feed = $worksheet->getListFeed();

        $row = [
            'お名前' => $this->post['お名前'],
            '年齢' => $this->post['年齢'],
            'メールアドレス' => $this->post['メールアドレス'],
            '登録日' => date('Y/m/d H:i:s')
        ];

        $list_feed->insert($row);
    }
}

index.php を修正する

index.phplib/exTransmitMail.php の読み込みと TransmitMail クラスではなく exTransmitMail クラスを利用するように修正します。

index.php
<?php
require_once 'lib/TransmitMail.php';
require_once 'lib/exTransmitMail.php';
$tm = new exTransmitMail('config/config.yml');
$tm->run();

動作確認

スプレッドシートに「お名前」「年齢」「メールアドレス」「登録日」が挿入されていることが確認できました。

まとめ

以上、 TransmitMail 2 で入力内容を Google スプレッドシートに保存するカスタマイズ例をご紹介でした。TransmitMail 2 は Google スプレッドシートへの保存も実装しやすくなりました。

今回のカスタマイズのコードは下記ブランチで公開をしています。

dounokouno/TransmitMail at example_google_spreadsheet

修正ファイルは下記のコミットをご参照ください。

入力内容を Google スプレッドシートに保存するカスタマイズ例 · dounokouno/TransmitMail@779ef09

参考

Comments Loading...