• 32
    いいね
  • 2
    コメント

子育て AdventCalender2016 の2日目。
今年の7月から週2日リモートワーク(在宅勤務)で仕事をしています。
家にいるときの仕事のやり方にも慣れてきて、1日の流れも定型化されてきたので
私のリモートワークでの1日のタイムスケジュールを紹介します。

家族構成

私:エンジニア
妻:フルタイムで働いている(エンジニアではない)
長女:小4
次女:5歳

リモートワークの1日のタイムスケジュール

6:30 妻と子供たち:起床、朝食や朝の支度
7:30 妻:仕事へ出発 私:起床、朝食や朝の支度
7:50 長女:小学校へ出発
8:15 次女を保育園へ送る
8:30〜10:00まではだいたい↓をしてることが多い

  • 妻が朝洗濯機を回して仕事へ行くので、洗い終わった洗濯物を干す
  • 学習(読書)や調べ物
  • 仕事
  • ゆっくりする

10:00 Skypeで朝会(デイリースクラム)
10:30 仕事
13:30 昼食。昼食は家にあるもので済ませる。昨日の夕飯の残りや、インスタント食品が多い
14:00 仕事
15:00〜16:00 長女が小学校から帰ってくる。長女は遊びor習い事に行く。私は引き続き仕事
17:45 次女を保育園に迎えに行く
18:00〜21:00頃まではだいたい↓をしてることが多い

  • 洗濯物をとりこむ
  • 米を炊く。余力があれば味噌汁を作る
  • 浴槽を洗ってお湯を入れる
  • 皿洗いをする
  • 子供とお風呂に入る
  • 夕飯
  • ゆっくりする

21:30 子供たち就寝。 私はいつでも寝られるように歯を磨いてから、少し仕事する。
就寝はだいたい23:00〜24:00頃。あまり遅くならないように気をつけている。眠たくなったら寝ることにしている。

リモートワークと子育て

何にせよ子供は風邪をひきまくる生き物です。リモートワークという選択肢がなかったときは、子供の具合が悪くなるたびに、私か妻のどちらかが有休を取っていました。仕事が忙しいときは、妻も私も休みにくいため、とても悩ましい問題でした。

リモートワークという選択肢があれば、有休を取らずとも(子供の面倒を見ながらになりますが)仕事ができます。会社でミーティングがあればSkypeで参加したり、Slackでコミュニケーションをとることもできます。

下記は、先日、次女の具合が悪くなったときに、Slackの勤怠連絡用チャンネルに投げた私の投稿です。
スクリーンショット 2016-12-01 12.31.51.png

会社からの返信は、承知の絵文字だけ。
便利な時代になりましたね。