良かったGolangの記事/発表(2016年)

  • 153
    いいね
  • 0
    コメント

(元々Gistにメモ的に書いていたが後から追跡しにくいので転載した)

golangweekly.com が http://golangweekly.com/issues/140 にてBest 2016をまとめていた.便乗して自分なりに今年良かったものをまとめてみる.https://blog.golang.org/ は除外している.あくまで「自分が良かった」ものである.

まずgo-kitのPeter BourgonのGo best practices, six years inとBoltDBのBen Johnsonが標準パッケージを詳細に語るGo Walkthroughシリーズ https://medium.com/go-walkthrough はMUSTである.これらの知見を知ってるだけでだいぶ良いコードが書けるのではないか.

今年はGo1.6とGo1.7がリリースされたがruntimeの変更で大きかったのがGCの改善とSSAの導入だった.これらに関しては以下が面白かった.

Go1.7ではcontextパッケージが新たに標準パッケージに追加された.今後Gopherがこれを使いこなすのは必須である.以下がわかりやすい.

来年頭にリリース予定のGo1.8については以下をチェックしておけば良い.

Testingに関してはHashicorpのMitchell Hashimotoの
Advanced Testing with Go
は今すぐ使えるテクニックばかりで良かった.

Performanceに関してはUberのPrashant Varanasiのgo-torchの発表Profiling and Optimizing Goが華麗すぎて何度も観た.またプライベートで開催したがDave Cheneyの トレーニング High Performance Go もとても勉強になった.

今年はGopherConに参加した.全ての発表が面白かったが特に以下が自分的には面白かった.

その他

(まだまだあったと思うので随時追加する)