Raspberry Pi + 無線LAN セットアップ

  • 74
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Raspberry Pi に Raspbian を dd でインストールして、無線LANをセットアップしたときのメモ

使ったもの

  • Raspberry Pi Model B
    • Micro USB ケーブル
    • USB キーボード
    • HDMI ケーブル
  • 8GB SD Card
  • Wireless LAN Adapter (WLI-UC-GNM / BUFFALO)
  • Router (Time Capsule / Apple)

作業用端末

  • Mac Book Air (OSX Mavericks 10.9.4)

Raspberry Pi インストール

Raspbian は以下のバージョンを使用

  • Raspbian (June 2104)

Raspbian インストール

Raspbian のイメージをダウンロードする。
http://www.raspberrypi.org/downloads/
2014-06-20-wheezy-raspbian.zip というファイル名で保存された。unzip しておく。

Console(Mac)
$ unzip 2014-06-20-wheezy-raspbian.zip
Archive:  2014-06-20-wheezy-raspbian.zip
  inflating: 2014-06-20-wheezy-raspbian.img

SD Card 準備

SD Card 接続前にデバイスを確認する。

Console(Mac)
$ df -h
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  iused    ifree %iused  Mounted on
/dev/disk0s2   233Gi   55Gi  178Gi    24% 14368408 46701032   24%   /
devfs          185Ki  185Ki    0Bi   100%      644        0  100%   /dev
map -hosts       0Bi    0Bi    0Bi   100%        0        0  100%   /net
map auto_home    0Bi    0Bi    0Bi   100%        0        0  100%   /home

SD Card を Mac のスロットに接続(今回は USB アダプタ使用)

Console(Mac)
$ df -h
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  iused    ifree %iused  Mounted on
/dev/disk0s2   233Gi   55Gi  178Gi    24% 14368512 46700928   24%   /
devfs          187Ki  187Ki    0Bi   100%      648        0  100%   /dev
map -hosts       0Bi    0Bi    0Bi   100%        0        0  100%   /net
map auto_home    0Bi    0Bi    0Bi   100%        0        0  100%   /home
/dev/disk1s1   7.4Gi  844Ki  7.4Gi     1%        0        0  100%   /Volumes/NO NAME

/dev/disk1s1 が SD Card のデバイスな模様。
このデバイスをアンマウントする。(SD Card はさしたまま)

Console(Mac)
$ sudo diskutil unmount /dev/disk1s1
Password:
Volume NO NAME on disk1s1 unmounted
$ df -h
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity  iused    ifree %iused  Mounted on
/dev/disk0s2   233Gi   55Gi  178Gi    24% 14368693 46700747   24%   /
devfs          187Ki  187Ki    0Bi   100%      648        0  100%   /dev
map -hosts       0Bi    0Bi    0Bi   100%        0        0  100%   /net
map auto_home    0Bi    0Bi    0Bi   100%        0        0  100%   /home

Raspbian イメージを SD Card に書き込む。
アンマウントは disk1s1 だったが、書き込み先は disk1s1 の先頭に r をつけて s1 を取り除いた rdisk1 を指定する。

Console(Mac)
$ sudo dd bs=1m if=2014-06-20-wheezy-raspbian.img of=/dev/rdisk1
Password:
2825+0 records in
2825+0 records out
2962227200 bytes transferred in 234.335780 secs (12640951 bytes/sec)

SD Card をアンマウントして、SD Card を取り出す。

Console(Mac)
$ df -h
Filesystem                                          Size   Used  Avail Capacity   iused     ifree %iused  Mounted on
/dev/disk0s2                                       233Gi   54Gi  178Gi    24%  14329207  46740233   23%   /
devfs                                              191Ki  191Ki    0Bi   100%       662         0  100%   /dev
map -hosts                                           0Bi    0Bi    0Bi   100%         0         0  100%   /net
map auto_home                                        0Bi    0Bi    0Bi   100%         0         0  100%   /home
/dev/disk1s1                                        56Mi  9.5Mi   46Mi    17%       512         0  100%   /Volumes/boot
$ sudo diskutil unmount /dev/disk1s1Password:
Volume boot on disk1s1 unmounted

Raspberry Pi 初期設定

Raspberry Pi 起動

Raspberyy Pi に以下を接続する。

  • SD Card
  • USB キーボード
  • Wireless LAN Adapter
  • HDMIケーブル(とモニタ)

最後に電源用の Micro USB ケーブルを接続し起動する。
モニタに Raspbian の起動ログが表示され、初期設定画面(raspi-config)の画面が表示されれば起動OK。

初期設定(raspi-config)

  • Expand Filesystem
    • SD Card の未使用領域を使えるようにする
  • Internationalisation Options: Change Keyboard Layout
    • 日本語キーボードで刻印通りにキーを打てるようにする
    • Generic 105-key (Intl) PC - Other - Japanese - Japanese - Japanese (0ADG 109A) - The default for the keyboard layout - No compose key - Yes を選択(最後は No でも可)
  • Internationalisation Options: Change Timezone
    • タイムゾーンを日本時間に設定する
    • Asia - Tokyo を選択
  • Advanced Options: SSH
    • SSH サーバを有効化する
    • Enable を選択

他にも日本語化することもできるが今回はやめておく。

なお、raspi-config は sudo raspi-config コマンドでも起動できる。

無線 LAN セットアップ

無線 LAN の SSID と パスフレーズを用意しとく。
wpa_passphrase [SSID] [パスフレーズ] を使うと設定に必要な情報が得られる。

Console(Pi)
$ wpa_passphrase ssid passphrase
network={
    ssid="ssid"
    #psk="passphrase"
    psk=2b1d17284c5410ee5eaae7151290e9744af2182b0eb8af20dd4ebb415928f726
}

以下のようにしてファイルに反映する。

Console(Pi)
$ sudo sh -c "wpa_passphrase ssid passphrase >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"
$ sudo cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf 
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
    ssid="ssid"
    #psk="passphrase"
    psk=2b1d17284c5410ee5eaae7151290e9744af2182b0eb8af20dd4ebb415928f726
}

再起動したら、DHCP サーバから IP がアサインされた。

SSH ログイン

Mac から SSH でユーザ pi でログインしてみる。
初期パスワードは raspberry

Console(Mac)
$ ssh pi@[PIのIP]

~/.ssh/config に接続情報を書いておくと、ssh pi といった感じでログインすることもできる。便利。

~/.ssh/config(Mac)
Host pi
  HostName [PIのIP]
  port 22
  User pi
  Protocol 2

パッケージアップデート

コンソールか SSH でログインして以下を行う。

Console(Pi)
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

参考