Ubuntu12.04にPython3.3をインストール

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

パーフェクトPythonの解説を参考に、Ubuntu12.04にPython3.3を入れる。

現状チェック

$ which python
/usr/bin/python
$ python --version             
Python 2.7.3

インストール

ソースから入れる

$ sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libsqlite3-dev tk-dev libbz2-dev libgdbm-dev tcl-dev
$ wget http://www.python.org/ftp/python/3.3.0/Python-3.3.0.tar.bz2
$ tar xjf Python-3.3.0.tar.bz2
$ cd Python-3.3.0
$ ./configure --prefix=$HOME/python/python3.3
$ make && make install

仮想環境とpip

pyvenvで仮想環境を作る。
rbenvとかperlbrewみたいなもの
defaultという名前で作る。

$ cd ~/programing/projects
$ ~/python/python3.3/bin/pyvenv default
$ source default/bin/activate

oh-my-zshだと、この時点で行頭に(default)と表示されるようになった。
どうやら、環境が切り替わったらしい

(default) $ which python
/home/da1/programing/projects/default/bin/python
(default) $ python --version
Python 3.3.0

できてる。

pipのインストール
easy_install -> pipの順で

$ wget http://python-distribute.org/distribute_setup.py
$ python distribute_setup.py
$ easy_install pip

最後に、対話環境のIPythonのインストールしておしまい

$ pip install ipython