【参加レポート】人工知能研究会 第15回 人工知能研究会「スマートロボットの最前線」

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

人工知能研究会 第15回 人工知能研究会「スマートロボットの最前線」

第15回 人工知能研究会「スマートロボットの最前線」@ソフトバンクに参加しました。
https://air-osaka.doorkeeper.jp/events/56910

大阪大学・石黒浩先生の講演で、テーマは「ロボットと未来社会~人間と対話するロボットの基本問題~」です。
http://www.irl.sys.es.osaka-u.ac.jp/

メモメモ。

イントロ

・石黒先生はベンチャーでコミューやソータというロボットを開発している。
https://www.vstone.co.jp/products/sota/

課題

・人と関わるロボットの開発が研究機関、社会の課題。
 研究機関としては自律型ロボットを開発したい。

取り組み

・自律対話型ロボットをsouth x southwest 2016でデモ。
 https://www.sxsw.com/
  ロボットを会話。
  音声認識、雑談システム(NTT)、アンドロイド技術。

・自律対話の2アプローチ
1. ビッグデータアプローチ
  たくさんの対話パターンを集めて分析。chatbot。
2. ストーリーアプローチ
  限られた話題に限定して対話ロジックをつくる。

・ビッグデータアプローチ
 簡単な会話はOKだが、こみいった話題は難しい。
 一問一答。話題が飛躍するとついてこない。
 https://www.youtube.com/watch?v=ZApd7fV6-rQ
・south x south west 2017にも参加する。
 ロボット2体、人間二人で議論をする。
3月10日~19日開催。
・アイドルロボット。ニコニコ動画で生放送中。コメントに回答する。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2644099
与えられた質問に対して1,000パターンを学習すると10%程度の正解率になる。
ニコニコ動画では4,000パターン(正解率40%)で実演中。
ネット上でアイドル化して社会に出していきたい→実用化、ロボット社会の実現。
・ロボット社会
 ロボットが街中で活躍する社会。

なぜ人間型ロボットが必要なのか?

・人は人を認識する脳をもつ。
・人は人にとってもっとも関わりやすい存在。
・すべてのものは必ず人間らしくなっていく。2次元ではなく3次元。
 喋る炊飯器とか。
・だからPepperは必然。
 誰もが簡単に手に入るプラットフォームが必要。
 プラットフォーム型(ソフトウェアアップデートが可能な)ロボット。

今後の取り組み

・英語の教師
 英語の対話相手としてのロボット
・ある幼稚園は園内にソータを置いて、子供の写真を撮っている。
 親は必ず子供の写真を買う。
 良い儲けらしい。
・ロボットはアプリケーション・プラットフォーム。
 いま必要なのはキラーアプリケーションの登場。
 パソコンのMS Office、スマホのSNS。ロボットは?

人を知るためのロボット研究(石黒先生のロボット研究)

・興味はロボットではなく人間。
 ロボットを研究することで人間を理解したい。
 ロボット開発✕認知科学・脳科学
→人間らしいロボットを作ると脳科学の新発見がでてくる。
・ロボット工学の2アプローチ
1. 自動運転
2. 産業ロボット

・存在感とはなにか? 対話とはなにか?

研究とは?

・研究とは新しい分野を作ること。
 既存の分野の枠組み・学問におさまる研究は研究ではない。
 最先端の研究には名前・枠組みがない。
・なぜ研究に名前があるのか? e.g.ロボット工学、認知科学
 フォロワーのために名前が必要。

存在感とはなにか?

・人間らしいロボットと対話を続けていくと、ロボットがロボットであることはどうでも良くなる。
 人間は慣れていく。
・米朝師匠(落語)のロボット。
 ロボットでも観衆に笑いが起これば本物同然。
 死なない存在としてのロボット。
 http://kikaijinz.com/?p=573
・夏目漱石のロボット
 夏目漱石はもう誰も会ったことがない。しかし、日本人は皆知っている。
 アンドロイドを作るのに充分なデータ(デスマスク、写真、文章・・・)が残っている。
 既存のデータをロボットに統合することで、夏目漱石を再現できるようになる。
 https://www.youtube.com/watch?v=o4jLUveoBj8
・演劇ロボット
 人間らしさがどういうことか、実践で分析できる。研究室での研究にはない。

観察に基づく認識と想像に基づく認識

・人間は2とおりの認識をする。
・観察に基づく認識
 観察をとおして認識していく。
 不気味の谷
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%B0%B7%E7%8F%BE%E8%B1%A1

・想像に基づく認識
 見た目が人間そのものだと怖い。
 デザインをデフォルメして人間らしさを削ると(年齢や性別が不明で、ニュートラルにすると)、人間は想像して好意的に思うようになる。

存在感を再現するための最低限の条件

・ハグビー
 抱きまくらの中に携帯電話が入っている。
 抱きしめられる携帯電話。
 声が聞こえ、抱き心地を得られる(聴覚+触覚)→安心感を得られる。
 http://hugvie.jp/
→2つのモダリティが人間の存在感の最低条件。
 聴覚+触覚、視覚+聴覚・・・
・落ち着きのない小学1年生にハグビーを配ると、落ち着くようになる。

対話とはなにか?

・人は対話を理解しているのか?
 人の話を理解できないと対話できないのか?

・ストーリーをつくる
 ロボット2体、人間ひとりで対話をする。ロボット2体どうしが主導して会話し、人間を巻き込むスタイルだと、対話が成立しているように聞こえる。音声認識しなくても対話が進む。
→対話に必要なのは音声認識ではなく、ストーリーを共有すること。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bplus/10/3/10_179/_pdf

・発話なくても対話できる
 高島屋で発話なしの洋服販売ロボットを置く。
 タッチパネルで対話パターンを選択すると、ロボットが話してくれる。
 客は多様な対話パターンを持っていない。
 自分でパターンを選べば、ポジティブな対話をした気になる。
 結果、大繁盛。
 https://www.youtube.com/watch?v=auZNagFV6UI

・タッチパネル対話
 話さなくても、タッチパネルでタブレットが発話するだけでOK。選択肢から選んでも、対話は成立する。
 選ぶだけで、人間は自発的な対話だと思えてくる。

・Ishikiシステム、インタラクション・コンポーザ
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=2906884

質疑応答タイム

Q・ロボットが世界に広まるとき、ロボットが反乱するという負のイメージが外国にあるが、どうか?
A→ロボットの恐怖心も減ってきている。
 歴史上、技術に対する反発は多くあるが、それも一時的なもの。便利な技術は広まっていく。

Q・人格を再現できるのか? 今後30年後ではどうか?
A→30年は不明。
 再現できる人格は社会的な人格(表現しやすい)だが、個々人の人格はもっと複雑。
 社会的な人格は安定している、バリエーションが少ない。

Q・写実的な表情のロボットを作っているが、Pepperはどう評価する? Pepperに表情はないが?
A→Pepperの目をくぼませることで、目が合うように見えるデザインは良い。
 しかし顔は重要なメディアなので、もっとデザインをがんばってほしかった。

Q・自動運転が話題になっているが、事故があったら製造者と運転者のどちらに責任がある?
A→保険。
 自動車会社も運転者も保険に入っている。
 自動車事故は毎年あるが、自動車産業はなくならない。マーケットがあるから。
 社会的なバランスが取られていく。

Q・ロボットは人間を超えられるか?
A→ロボットと人間を比べる理由がわからない。
 人間は9割技術。ロボットは人間の技術であり、一部。
 パラリンピックの選手は一部機械だが、100%人間。人間の要件に100%の身体はない。
 人間の定義は拡張されていく。

Q・アイドルは人格を想像できないが、なぜアイドルロボットを作るのか?
A→みんなが好きになるから。
 アイドルは人格を想像できないが、なじみんなアイドルが好きになるのか?
 アイドルはロボットに近いのでは?

Q・感情は再現できるか?
A→簡単。笑ってみえれば良い。
 複雑な感情は難しいが、表象が感情として捉えられる。