VAIO Pro 13でUSBブータブルなUbuntuを作成する

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

最近、MacBook Airを処分し、VAIO Pro 13(SVP132A1CN)を購入した。
Macを卒業した理由は自由なUNIX環境が欲しかったから。
El Captainで課せられた制約を受け入れがたかったため、手放してWindowsマシンに回帰することにした。

普段はWindows 10+Virtual Box+Vagrantで作業しているが、ハードウェアを制御したい場合や性能を得たい場合にはネイティブなLinuxが必要な場合もある(かといって100%常用するわけではない)。
そこで外付けのUSBディスクを用意し、USBブータブルなUbuntuを構築することにした。

ところで、VAIOのUEFIの仕様がいまいち汎用性に欠けるため、ブートできるディスクを作るのに難儀したのでメモを記す。

USBブータブルなUbuntu作成手順(初回手順)

  1. USBディスクにするSSD(or HDD or USBメモリ)にUbuntuを、他にディスクを一切繋がないデスクトップPCでインストール(私は内蔵SSD 120GBを購入)
  2. デスクトップPCでUbuntuを起動し/boot/EFI/ubuntu/*/boot/EFI/Boot/ にコピー
  3. /boot/EFI/ubuntu/shim*.efi/boot/EFI/ にコピー
  4. インストール完了したSSDをUSB外付けケースに換装
  5. VAIOのBIOS設定を実施
    • Intel(R) AT Support System: Disabled
    • Secure Boot: Disabled
    • Boot Mode: UEFI
    • External Device Boot: Enabled

起動手順(VAIOでいつもやること)

  1. USBディスクをVAIOに接続(手前の非充電用ポート)
  2. AssistボタンでVAIOを起動
  3. 「外付けディスクから起動」を選択

※ BIOS設定で起動順をExternal Disk優先にしておけば上記2,3手順の代わりに通常の電源ONでOK

Grubのアップデートを行った場合

  1. 再起動前に上記初回手順の2,3を行う

 参考文献