[Laravel 5.2] migrate時にエラーメッセージが表示されていなくても、エラーになる場合

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント

    laravel 初心者の備忘録です。

    php artisan migrate してみたら、migrateは走って

    migrated xxxxxxxx
    migrated xxxxxxxx
    

    って表示されて特にエラーは表示されていないのに、エラーになることがありました。

    とりあえずログ表示を増やそうと思ったので、コマンドを確かめました。

    php artisan migrate --help
    
    Usage:
      migrate [options]
    
    Options:
          --database[=DATABASE]  The database connection to use.
          --force                Force the operation to run when in production.
          --path[=PATH]          The path of migrations files to be executed.
          --pretend              Dump the SQL queries that would be run.
          --seed                 Indicates if the seed task should be re-run.
          --step                 Force the migrations to be run so they can be rolled back individually.
      -h, --help                 Display this help message
      -q, --quiet                Do not output any message
      -V, --version              Display this application version
          --ansi                 Force ANSI output
          --no-ansi              Disable ANSI output
      -n, --no-interaction       Do not ask any interactive question
          --env[=ENV]            The environment the command should run under.
      -v|vv|vvv, --verbose       Increase the verbosity of messages: 1 for normal output, 2 for more verbose output and 3 for debug
    
    Help:
     Run the database migrations
    

    -vvv ってやれば一番詳しく出るんですね。
    というわけで👇で詳しくログをだしてみることができました。

    php artisan migrate -vvv