Arch Linux インストールから awesome 導入まで

  • 42
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Arch Linux 2013.05.01 のインストールから、awesome の導入までのログ。

The Arch Way

The Arch Way

  1. シンプルであること
  2. 便利であることよりも正確なコードであること
  3. ユーザ中心であること
  4. オープンであること
  5. 自由であること

The Arch Way v2.0

  1. シンプル
  2. エレガント
  3. ユーザ中心
  4. 万能性
  5. 利便性

イメージのダウンロード

OSの最新isoイメージをダウンロードし、USBメモリに書き込んだ。その後、書き込んだUSBメモリからブートする。

インストール開始

今回は、Thinkpad X200sに対してクリーンインストールを行う。

x86を選んで起動後、キーボードのロケールを変更。

loadkeys jp106

ネットワークのセッティング

無線でネットワークに接続する。

iwconfigでインタフェースの名前を確かめる。

2013.05.01のisoイメージにはwifi-menuは入っていない(https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=162725)とのことなので、wpa_supplicantでの接続を試みる。

echo 'ctrl_interface=DIR=/run/wpa_supplicant' > /foobar.conf
wpa_passphrase <ssid> <passphrase> >> /foobar.conf
ip link set <interface> up
wpa_supplicant -B -D nl80211 -c /foobar.conf -i <interface name>
dhcpcd -A <interface name>

パーティショニング

特にデュアルブートにする予定もないため、GPTでパーティショニングを行う。

lsblkでメインディスクのデバイスの名前を確認したのち、

cgdisk /dev/sda
  • /boot 100M
  • / others

のような構成。

BIOS-GPTの場合、BIOS Boot Partitionが必要。

For a BIOS-GPT configuration, create a 1007 KiB partition at the beginning of the disk using cgdisk or GNU Parted with no filesystem. The size of 1007 KiB will allow for the following partition to be correctly alligned at 1024 KiB. If needed, the partition can also be located somewhere else on the disk, but it should be within the first 2 TiB region. Set the partition type to 0xEF02 in gdisk, EF02 in cgdisk or set <BOOT_PART_NUM> bios_grub on in GNU Parted.

つまり、先頭1007KiBのパーティション(cgdiskにより勝手に空けられる)を、type:0xef02で作る必要性がある。

フォーマット

ext4 でフォーマットした後、マウント。

mkfs.ext4 /dev/sda1
mkfs.ext4 /dev/sda2
mount /dev/sda2 /mnt
mkdir /mnt/boot
mount /dev/sda1 /mnt/boot

ベースシステムのインストール

パッケージマネージャ pacman のミラーサーバの設定をする。

nano /etc/pacman.d/mirrorlist

jaist と、tsukuba のサーバを先頭に持ってくる。

ベースシステムをインストール

pacstrap /mnt base base-devel

fstab を作成

genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot し、ベースシステム内で作業を行う。

arch-chroot /mnt /bin/bash

ベースシステムの設定

ロケールの設定を行う。

nano /etc/locale.gen
---
en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8

2行をコメントアウト。その後、locale-gen

環境変数LANGを設定する。いきなりjaは文字化けするため、とりあえずenのみ。

echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
export LANG=en_US.UTF-8

キーボードのロケールとフォントの設定を行う。

loadkeys jp106
setfont Lat2-Terminus16
nano /etc/vconsole.conf
---
KEYMAP=jp106
FONT=Lat2-Terminus16

タイムゾーンの設定。

ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ハードウェアクロックの設定。

hwclock --systohc --utc

ホスト名の設定。

echo x200 > /etc/hostname

起動イメージの作成を行う。

mkinitcpio -p linux

root パスワードの設定を行う。

passwd

GRUB のインストールと設定を行う。

pacman -S grub-bios
grub-install --recheck /dev/sda
cp /usr/share/locale/en\@quot/LC_MESSAGES/grub.mo /boot/grub/locale/en.mo
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

BIOS Boot Partition がないと、grub-install でこける。

ベースシステムから脱出し、アンマウントして再起動。

exit
umount /mnt/{boot,}
reboot

インストール後の環境設定

無線とユーザの設定

pacman -S wireless_tools wpa_supplicant wpa_actiond dialog
wifi-menu
useradd -m -g wheel [user]
passwd [user]
pacman -S sudo

visudo して、

Defaults env_keep += "HOME"
%wheel ALL=(ALL) ALL

dotfiles の整備

sudo pacman -S git vim zsh
mkdir workspace
cd workspace
git clone git://github.com/co-me/dotfiles.git
./symlinks.sh
export LANG=en_US.UTF-8

awesome, slim の導入

sudo pacman -S xorg-server xorg-xinit
sudo pacman -S slim arhlinux-themes-slim slim-themes
lspci | grep VGA -> Intel
sudo pacman -S xf86-video-intel
sudo pacman -S awesome
cp /etc/skel/.xinitrc ~/
echo "exec awesome" >> ~/.xinitrc
startx
sudo vim /etc/slim.conf

以下のように編集

login_cmd exec /bin/zsh -l ~/.xinitrc %session
default_user hoge
auto_login yes
daemon yes
current_theme archlinux-simplyblack
sudo systemctl enable slim.service
sudo reboot
mkdir -p ~/.config/awesome/
cp /etc/xdg/awesome/rc.lua ~/.config/awesome/
sudo pacman -S xterm