Automator入門

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Automatorとは


公式の説明

Automator は、簡単に作業を効率化できるパーソナル自動化アシスタントです。Automator を使えば、単純なドラッグアンドドロップ操作で「自動化レシピ」を作成し、実行できます。自動化レシピは、単純なタスクも複雑なタスクも、必要なときに必要な場所で実行してくれます。

Mac 101:Automator - Apple サポート より引用


Automartorとは

3行で説明すると

  • Macに標準で入っている
  • (割に知名度が低い)
  • 定型作業を自動化してくれるツール

Automatorのよいところ

  • ドラッグアンドドロップで作れる
  • コマンドラインだと(多分)面倒なことも簡単にできる
    • 画像の処理
    • PDFの処理
    • とかとか

Automatorのいまいちなところ

  • できることに限界がある
  • かえってめんどくさいこともある

Automatorの使用例

  • フォルダに投げ込んだ画像を縮小する
  • PDFを回転しつつ、偶数ページを削除する
  • WindowsみたいにCommand+Lで画面をロックする

Automatorで考えること

Automatorで考えることは以下の2つ

  • ドキュメントの種類
  • アクション

ドキュメントの種類

Automatorのドキュメントの種類は以下の8つ

  • ワークフロー
  • アプリケーション
  • サービス
  • プリントプラグイン
  • フォルダアクション
  • カレンダーアラーム
  • イメージキャプチャ・プラグイン
  • 音声入力コマンド

アクション

Automatorのアクションはいっぱいあるので割愛


最後の手段、スクリプトの実行

アクションとしてスクリプトの実行もできる

  • Shell Script
  • AppleScript
  • JavaScript

(だったら最初からスクリプト書くよ、ってツッコミはなしの方向で)


Example

  • Retina対応の画像を作る
  • ショートカットキーで画面をロックする

Retina対応の画像を用意する


やりたいこと

  • 元画像がhoge.pngのときに
  • 倍角のhoge@2x.pngという画像を用意する

大雑把な手順

  • 画像を拡大するとボケるので、最初から倍角画像を作る
  • 用意した画像に対して
    • 元画像は@2xという文字を名前の末尾につける
    • 元の名前のまま半分に縮小した画像を作る

細かい手順

ワークフローにするとこんな感じ

  1. @2xフォルダにファイルをコピーする
  2. 名前の末尾に@2xをつける
  3. @1xフォルダにファイルをコピーする
  4. 名前の末尾の@2xを消す
  5. 画像を縮小する

ショートカットキーで画面をロックする


やりたいこと

  • WindowsみたいにCommand+Option+Shift+Lで画面をロックする

大雑把な流れ

  • スクリーンセーバー起動時に画面をロックする設定にする
  • スクリーンセーバーをショートカットキーで起動する

細かい手順

  1. 「サービス」でAutomatorのドキュメントを作る
  2. 「入力なし」で「スクリーンセーバーを起動」するだけのフローを作る
  3. 適当な名前で保存する
  4. システム環境設定 > キーボード > ショートカットを開く
  5. サービスの中に作ったサービスがあるのでショートカットキーを割り当てる

最後に

  • Automator便利だよ!
  • Qiitaのスライドモードいいよ!
  • Macはいいぞ