Linux,Windowsのプロキシ設定あれこれ

  • 29
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

気づいたら足していく。

全体設定

LinuxであればHTTP_PROXY環境変数に設定する。不都合なければ.bashrcとかで設定してしまえばあとは楽。Windowsはインターネットオプションで設定する。

$ export HTTP_PROXY=http://proxyserver:8080

Windows Update

Windows Updateに限らず、WinHTTPを利用したHTTP通信が発生する場合にはこれ。

rem IEからプロキシ設定を読み込む
> netsh winhttp import proxy source=ie
rem 手書きで設定する
> netsh winhttp set proxy proxy-server="http://proxyserver:8080" bypass-list="http://example.com;local"

yum

/etc/yum.conf
# Proxy Setting
proxy=http://proxyserver:8080
proxy_username=user
proxy_password=password

RPM

$ rpm -ivh --httpproxy http://proxyserver --httpport 8080 ~~

wget

/etc/wgetrc
# コメントアウトを外して記入
http_proxy = http://proxyserver:8080
https_proxy = http://proxyserver:8080

curl

$HOME/.curlrc
proxy-user = "user:password"
proxy = "http://proxyserver:8080"

もしくは$ curl -U user:password -x http://proxyserver:8080 -L targeturl

Git

HTTP_PROXY環境変数を読むようだが、Git用に設定する場合は以下。

$ git config --global http.proxy http://proxyserver:8080

RubyGems

HTTP_PROXY環境変数を読むようだが、いちいち設定する場合は以下。

$ gem install foo -r -p http://proxyserver:8080

pip

$  pip install foo --proxy=user@proxyserver:port

npm

$ npm config set proxy http://proxyserver:8080
$ npm config set https-proxy https://proxyserver:8080

golang

go getする際。HTTP_PROXYが参照される。