EC-CUBE3をインストールしてみよう(windows+xampp編)

  • 23
    いいね
  • 11
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ついにリリースされたEC-CUBE3
Windows環境にxamppを使ってインストールしてみました。

※ご注意:xamppはシステム要件の対象ではないので、動作確認用途でご利用下さいませ。

環境構築

Xamppのダウンロード

version 5.6.8を使います。以下からダウンロードできます。

http://sourceforge.net/projects/xampp/files/XAMPP%20Windows/5.6.8/xampp-win32-5.6.8-0-VC11.zip/download

ダウンロードが完了したら、解凍し、Cドライブ直下に設置します。
c:\xamppとなるように設置してください。

phpの設定

php.iniを編集し、必要な設定を行います。

php.iniはC:\xampp\php\php.iniを編集します。

timezone

timezoneをAsia/Tokyoに変更します。

;date.timezone = Europe/Berlin
date.timezone = Asia/Tokyo

拡張モジュール

コメントアウトされている、以下の拡張を有効にします。

extension=php_fileinfo.dll
extension=php_pdo_pgsql.dll
extension=php_pgsql.dll
extension=php_openssl.dll

編集が完了したら保存しましょう。

xamppの起動確認

C:\xampp\xampp-control.exeを実行し、起動します、

ApacheとMySQLのStartボタンを押し、グリーンに変われば成功です。

http://localhost/xampp/

にアクセスすると、ウェルカムページが表示されます。
言語は日本語を選んで下さい。

EC-CUBE3のインストール

データベースの準備

事前にデータベースの作成が必要なので、phpMyAdminで作成します。
http://localhost/phpmyadmin/ でアクセスできます。

以下内容で作成します。

データベース名:eccube3_db
ユーザ名:eccube3_db_user
パスワード:password
  • データベースの作成
データベース名:eccube3_db
照合順序:utf8_general_ci
  • ユーザの作成
ログイン情報
  User name:eccube3_db_user
  Host:127.0.0.1 
  パスワード:password
グローバル特権
  すべてチェックする

EC-CUBE3のダウンロード、設置

EC-CUBE公式サイトから、パッケージをダウンロードしてください。

EC-CUBEダウンロード

zip形式のものをダウンロードします。

ダウンロードしたら、解凍して以下に設置します。

C:\xampp\htdocs\eccube-3.0.0

EC-CUBE3のインストール

これで準備は完了。
以下にアクセスすると、EC-CUBEのインストール画面が表示されます。

http://localhost/eccube-3.0.0/html/admin/install.php

必要な情報を入力し、インストールを進めましょう。
最後まで完了したら、EC-CUBE3を動かせます!

最後に

EC-CUBE3はGitHubで開発を行っています。
不具合のご報告や開発のご協力など、ぜひぜひお待ちしています!

https://github.com/EC-CUBE/ec-cube