rbenvでsystem wideに入れるときに気をつけたいこと

  • 97
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前提

  1. エンジニアで共用しているサーバにrbenvでバージョンを切り替えたい
  2. rbenvの知識は殆ど無い人が新規のバージョンのrubyを入れる

基本方針

  • /usr/local以下にrbenvを導入し、groupでwrite権限を付与
  • bundlerやpryなど、必ず入れておいたほうがいいものはrbenv-default-gemsを使う
  • rehashも面倒なので、rbenv-rehashを使う

手順

rbenvの導入

基本ここを参考に/usr/local以下にrbenvを入れて、グループを指定する。
http://qiita.com/items/8e973a544b592376a07e

グループはstaffとします。自分のグループにadduserとかでstaffを追加しておくこと。

cd /usr/local
sudo git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv
sudo chgrp -R staff rbenv
sudo chmod -R g+rwxXs rbenv

~/.profileなどに環境変数の設定をする。
最初から皆に読ませたいなら/etc/profileか。

export RBENV_ROOT=/usr/local/rbenv
export PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

書いたら、sourceして有効にする

source ~/.profile

ruby-buildをインストール

これも基本ですね。

mkdir /usr/local/rbenv/plugins
cd /usr/local/rbenv/plugins
git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
chgrp -R staff ruby-build
chmod -R g+rwxs ruby-build

rbenv-default-gemsを入れる

rbenv-default-gemsというプラグインを使うと、ruby-buildでインストールした時にデフォルトで入れてくれるgemを設定できる。

これで、bundler,pry,rbenv-rehashを入れると完璧。

cd /usr/local/rbenv/plugins
git clone git://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git

default-gemsをこんなかんじで作成する。

/usr/local/rbenv/default-gems
bundler
pry
rbenv-rehash

rubyをインストール

rbenv install 2.0.0-p195

これで、bundlerもpryも入り、rbenv-rehashも入るからいちいちrehashする必要がなくなるという。

rbenv-default-gemsとrbenv-rehashの組み合わせが最強だと信じている。