Microsoft Office 2016 を選択インストールする

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Microsoft Office Professional Plus 2016

Microsoft Office Professional Plus 2016 のセットアップを起動すると、何の確認もなくすべてインストールされてしまう。

不要なアプリケーションをインストールしたくない場合、以下の手順でインストールする。

Office 2016 Deployment Tool

ダウンロード

以下のページから Office 2016 Deployment Tool をダウンロードして実行する。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

実行すると setup.exe と configuration.xml が展開される。

XMLファイルの編集

展開された configuration.xml を以下の内容に差し替える。
インストールしたくないアプリケーションを以下のXMLに記述しておく。インストールしたいものを削除すればよいだろう。

configuration.xml
<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" SourcePath="E:\">
    <Product ID="ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Access" />
      <ExcludeApp ID="Excel" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
      <ExcludeApp ID="PowerPoint" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="Word" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

E ドライブにインストールメディア(iso ファイルまたは DVD-ROM)がマウントされている想定。マウント先が違う場合は SourcePath の値を書き換える。
Microsoft Office Professional Plus 2016 の想定だが、 Microsoft Office Professional 2016 の場合は <Product>ID の値を ProfessionalRetail に書き換える。

Groove は OneDrive for Business を除外する場合に使用する。
OneDrive は個人のオンラインストレージサービスである OneDrive を除外する場合に使用される。
Lync は Skype for Business を除外する場合に使用する。

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219426.aspx
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2842297

setup.exe の実行

C:\>setup.exe /configure configuration.xml

setup.exe と configuration.xml が C:\ に配置されている想定。

これでインストーラーが起動し、 <ExcludeApp> で指定したアプリケーションはインストールされずに済む。