さくらのIoT通信モジュールのUARTの使い方

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

SakuraのIoT Platform αの通信モジュールのUARTを使う方法が今の所どこにも情報が無くちょっぴり苦戦したのでメモしておきます。(2016/6/1現在)

スクリーンショット_2016_06_01_23_36.jpg

通信設定

115200bps,8bit,パリティ無し

使い方

上記設定で接続し、電源を入れるとプロンプトが出る
( ̄◇ ̄;)←9600bpsと思い込んで正しい通信速度を見つけるのに時間がかかった

Sakura IoT Alpha (201505311020-78e19f6c)
>

ここでおもむろにhelpと打つとヘルプが出る。
( ̄◇ ̄;)←気づくまでかなり時間がかかった

>help
version                      show firmware version
reset                        software reset
netstat                      show network status (online|offline)
settx <ch> <type> <value>    set transmit channel data
                              <ch> 0-127
                              <type> i,I,l,L,f,d,b
                              <value> 12345,0.1234,08090a0b0c0d0e0f
gettx <ch>                   get transmit channel data
getrx <ch>                   get reveived channel data
settxmode <mode>             set transmit mode
                              <mode> 0:None 1:Auto 2:Once

コマンドでモジュールがオンラインなのを確認

>netstat
online.

そこでデータを送信

>settx 0 i 1234
>settx 0 i 1235
>settx 0 i 1236

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さくらのIoT_Platform.jpg

いや、これ簡単です!しかもほぼリアルタイム。

ごにょごにょ

仕事場にはarduinoが無かったので、UARTで試して見ようと思い立ち、I2CでもSPIでもシリアルでもコマンドが同じと聞いていたためgithubを参考にいろいろコマンドを送り込んだのですが反応せず...。

家に帰ってふと思い立ち、家庭に常備してあるUSB-TTLシリアルコンバーターケーブル(3.3v)を直結してみると結果的にはすごく簡単だったのでした。これにシリアルを使うのは非力なデバイスのIoTには勿体無いですが、動作確認やPCを使う場合などには便利かと思います。