UEFIのブート項目からUbuntuを削除する

  • 9
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Windows8.1の管理者権限コマンドプロンプトを使ってUEFIでブートしていたUbuntuの削除のやり方をまとめます。

BCDEditコマンドで削除

BCDEditコマンドを使ってUEFIにあるUbuntuのブート項目を削除します。

ブート項目にUbuntuがあることを確認します。
$ bcdedit /enum firmware

ブート項目情報をファイルに書き出します。
$ bcdedit /enum firmware > bcdedit.txt

書き出したファイルからUbuntuのidをコピーしてブート項目を削除します。
$ bcdedit /delete {id}

削除されていることを確認します。
$ bcdedit /enum firmware

しかし、再起動後、UEFIのブート項目を確認するとUbuntuのブート項目が復活してしまいました。
調べてみると、どうやらEFIフォルダ内のUbuntuフォルダを削除する必要があるとのこと。
ということで、Windows8.1の管理者権限コマンドプロンプトで次の手順を行います。

EFIシステムパーティションから削除

EFIシステムパーティションのディスクを選択する。(人によってディスク番号やボリューム番号等、環境が異なる場合があります。)
$ diskpart
$ list disk
$ sel disk 0

EFIシステムパーティションのディスクにドライブ文字を割り当て、終了します。
$ assign letter=D:
$ exit

EFIシステムパーティションのディスクのEFIフォルダに移動します。
$ cd /d D:
$ cd EFI

ubuntuフォルダがあることを確認します。
$ dir

ubuntuフォルダを削除します。
$ rmdir /S ubuntu

これで、UEFIのブート項目からUbuntuの項目がなくなりました。