• 16
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

TeXで,論文やドキュメントを書いていると
・章のタイトルだけ前のページの最後に位置し,1行目が次のページにはみ出てしまう
・末尾が1行だけ次のページにはみ出してしまう
・8ページに収めたいのに9ページになってしまう
などの問題があります.
もちろん,文章をいじったり,図表を拡大縮小したりすることで多少の調整は可能ですが,どうしてもどこもいじれなくなってしまうこともあると思います.
そんな時は,行の間隔を調整しましょう.

箇条書きの調整

縦方向の間隔を調整するためには,\vspace{指定間隔}を使用します.また,横方向の間隔を調整するため
には,\hspace{指定間隔}を使用します.

通常

\begin{itemize}
  \item 記号つき箇条書き
  \item 記号つき箇条書き
  \item 記号つき箇条書き
\end{itemize}

縦方向の間隔を縮小

\begin{itemize}
  \item 記号つき箇条書き
  \vspace{-3mm}
  \item 記号つき箇条書き
  \vspace{-3mm}
  \item 記号つき箇条書き
  \vspace{-3mm}
\end{itemize}

行間の調整

\baselinestretch を利用することで,行間を調整できます.利用方法は,\documentclass\begin{document} の間に,\renewcommand{\baselinestretch}{倍率} と記述します.倍率の部分を 0.8 とすると行間が 0.8 倍 になります.
逆に 1 以上の値にすると,行間を広げることができます.
文中の一部の箇所だけ行間を調整する場合には,\begin{spacing}{倍率}調整したい文章\end{spacing} とします.