Groovyのちょっとしたこと「gebでhtmlUnitのオプションを設定する方法」

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

driverにクロージャを設定する。
そうすると、GebはBrowser.drive(closure)の際にこのクロージャによって初期化されたDriverを使用する。

以下の設定では、htmlUnitはJavaScriptを実行し、ScriptErrorの際にExceptionを投げない、セキュアでないSSL通信を許可する。
設定可能な項目は、WebClientOptionsを参照してね。

GebConfig.groovy
import geb.driver.DriverRegistry
import geb.driver.NameBasedDriverFactory

driver = (Settings.gebDriver)?Settings.gebDriver:'firefox'

if(driver=='htmlunit'){
  driver = {
    def htmlunitDriver = new NameBasedDriverFactory(classLoader,'htmlunit').getDriver()
    htmlunitDriver.webClient.options.setJavaScriptEnabled(true)
    htmlunitDriver.webClient.options.setThrowExceptionOnScriptError(false)
    htmlunitDriver.webClient.options.setUseInsecureSSL(true)
    htmlunitDriver
  }
}