Git で入れてしまった rbenv を削除して Homebrew で入れなおした時のメモ

  • 30
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

なぜか ruby-build で出てくるバージョンが rbenv install -l で出てくるのと違ってて、最新の 2.0.0 が入れれない謎の現象に陥ってたんですが、単純に Git から rbenv を入れてしまってたのが原因でした。
その時のメモ。

1)rbenv の削除

% rm -rf ~/.rbenv
% rm -rf /usr/local/bin/rbenv
% rm -rf /usr/local/Cellar/rbenv

2)Homebrew から入れなおし

% mkdir ~/.rbenv
% brew install rbenv

3)バージョンの確認

% rbenv -v && ruby-build -v
% rbenv 0.4.0
% ruby-build 20131030

4)インストールできる Ruby のバージョンの確認

% rbenv install -l
  :
  2.0.0-p195
  2.0.0-p247 キタ━(゚∀゚)━!
  2.0.0-preview1
  :

以上。