Raspberry Piのセットアップ(ssh接続まで)

  • 53
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Raspberry Pi 2 Model Bのセットアップの備忘録
ここでは、無線でssh接続するまでを記載しておく。

用意したもの

Raspberry Piは、ssh接続し使用する前提

常時使用するもの

  • Raspberry Pi 2 Model B
  • microSDカード(16G, Class10)
  • 無線LAN親機(BUFFALO WZR-AGL300NH)
  • 無線LAN子機(BUFFALO WLI-UC-G301N)
  • マイクロタイプのUSBケーブル + 電源アダプタ

初期設定時に使用したもの

  • ディスプレイ(DELL 24インチワイドモニタ U2410)
  • HDMIケーブル
  • USB接続のキーボード
  • USB接続のマウス
  • Windows PC(microSDカードにインストーラをコピーする)

1. OS の起動ディスクの作成

OSはDebianをベースにした「Raspbian」をインストールすることにする。
インストーラのダウンロードは、こちら から行う。
Download.png

ダウンロードしたzipファイルを展開し、
NOOBS_v1_4_2ディレクトリ下のファイルをすべてSDカードにコピーする。

NOOBS_v1_4_2
├── BUILD-DATA
├── INSTRUCTIONS-README.txt
├── RECOVERY_FILES_DO_NOT_EDIT
├── bootcode.bin
├── defaults
│   └── slides
│       └── A.png
├── os
│   ├── Data_Partition
│   │   ├── Data_Partition.png
│   │   ├── data.tar.xz
│   │   ├── os.json
│   │   └── partitions.json
│   └── Raspbian
│       ├── Raspbian.png
│       ├── boot.tar.xz
│       ├── os.json
│       ├── partition_setup.sh
│       ├── partitions.json
│       ├── release_notes.txt
│       ├── root.tar.xz
│       └── slides_vga
│           ├── A.png
│           ├── B.png
│           ├── C.png
│           ├── D.png
│           ├── E.png
│           ├── F.png
│           └── G.png
├── recovery.cmdline
├── recovery.elf
├── recovery.img
├── recovery.rfs
├── recovery7.img
└── riscos-boot.bin

6 directories, 29 files

2. 機器の接続

Raspberry Piにディスプレイなどを接続する。
接続するものは以下の通り
1. USBキーボード
2. USBマウス
3. HDMIケーブル(ディスプレイに接続)
4. microSDカード
5. LANケーブル(なくても良い)
6. マイクロタイプのUSBケーブル+電源アダプタ
(マイクロタイプのUSBケーブル+電源アダプタは最後につける)

IMG_1053.JPG

3. Raspberry Pi起動 〜 OSインストール

  1. 電源ケーブルを接続すると、Raspberry Piが起動する。 IMG_1054.JPG
  2. Raspbianにチェックを入れる。
  3. 下の方に言語と、キーボードを設定する箇所があるので日本語にしておく。
  4. Installをクリックする。 IMG_1054.JPG
  5. 「本当にイメージを書き込んでもよいですか?この操作で既存の全てのデータは削除されます!」と確認がでるので「はい」をクリックする
  6. IMG_1056.JPG
  7. Installが始まる IMG_1057.JPG
  8. Installが完了するまで少し待つ

Installが完了するとOSが起動する
IMG_1060.JPG

4. SSHでの接続

デフォルトのユーザー名: pi
デフォルトのパスワード: raspberry
※パスワードは、設定ツール$sudo raspi-configで変更できる。

4.1. 無線LAN子機をRaspberry Piに接続

接続の確認

ターミナル
$ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 0411:016f BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-G301N Wireless LAN Adapter [Ralink RT3072]

4.2. SSHサーバーの有効化

  1. ターミナルで、設定ツールを起動
    $sudo raspi-config

  2. 8 Advanced Optionsを選択
    スクリーンショット 2015-10-20 21.09.24.png

  3. A4 SSHを選択

  4. [Enable]を選択

  5. 再起動を促されるので、再起動する

4.3. wifiの設定

wifiの設定を書き込む

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1


network={
        ssid="SSID"
        psk="暗号化キー"
        key_mgmt=WPA-PSK
}

ネットワークを固定化

/etc/network/interfaces
auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.11.75 # 割り当てたいIPアドレス
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.11.1
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

再起動すれば、SSHで接続できる。

ターミナル
$ ssh pi@192.168.11.75