Android StudioとBitbucketを使ったGitHub flowの流れ

  • 31
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Android Studio

バージョン管理を有効

スクリーンショット_2016-03-21_17_51_14.png

Gitを選択

Enable_Version_Control_Integration_と_MainActivity_java_-_My_Application_-____Desktop_Android_Dropbox_MyApplication19_.png

Bitbucket

SSH設定

スクリーンショット_2016-03-21_18_11_40.png

ターミナル

cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

鍵を追加

araiyusuke___ssh_キー_—_Bitbucket.png

コピーしたKeyを貼り付ける

araiyusuke___ssh_キー_—_Bitbucket.png

リポジトリ作成

スクリーンショット_2016-03-21_17_54_45.png

リポジトリ名「demo」、Git、非公開

リポジトリの作成_—_Bitbucket 2.png

リモートリポジトリURLを確認

スクリーンショット_2016-03-21_18_20_34.png

araiyusuke___demo_—_Bitbucket.png

Android Studio

Add

Unversioned Files(バージョン管理されてないファイル)を右クリック
Git → Add

スクリーンショット_2016-03-21_17_57_19.png

Commit

Default(33files)を右クリック
Git → Commit Files...

スクリーンショット_2016-03-21_17_57_30.png

push

Command + shift + k

リモートリポジトリに設定

Define remoteをクリックしてBitbucketのURLを貼り付けてpushする。

Define_Remote_と_Push_Commits_と_MainActivity_java_-_My_Application_-____Desktop_Android_Dropbox_MyApplication19_.png

push 成功

araiyusuke___demo___ソース___—_Bitbucket.png

ブランチ作成

新しい機能を追加するためのブランチを作成する。

Android Studio 画面右下

スクリーンショット_2016-03-21_17_18_26.png

ブランチ名 : add_button 作成

Create_New_Branch.png

master → add_buttonブランチに切り替わった

MainActivity_java_-_My_Application_-____Desktop_Android_Dropbox_MyApplication19__と_「」を編集_-_Qiita_と_araiyusuke___demo___ソース___—_Bitbucket_png.png

新しい機能を追加

activity_main.xmlにボタンを追加

add & commit

変更されたファイルをadd&commitする。

リモートリポジトリにpush

Command + shift + k

Push_Commits.png

Bitbucketに、ブランチ「add_button」が作成された

araiyusuke___demo_—_Bitbucket 2.png

プルリクエスト画面へ

araiyusuke___demo___プルリクエスト_—_Bitbucket_と_activity_main_xml_-_My_Application_-____Desktop_Android_Dropbox_MyApplication19_.png

プルリクエスト作成

add_buttonブランチがmasterブランチにマージされたら、add_buttonブランチは必要なくなりますので、自動的に削除されるようにチェックボックスにチェックをつける。

araiyusuke___demo___プル_リクエストを作成_—_Bitbucket.png

masterブランチにマージする

araiyusuke___demo___Pull_request__1__ボタンを追加しました。_—_Bitbucket.png

Android studio

masterへ切り替える

現在のブランチは、add_buttonです。masterへ切り替えてローカルのadd_buttonブランチも削除して、リモートリポジトリの内容をpullします。

スクリーンショット_2016-03-21_18_55_05.png

add_buttonブランチ削除

スクリーンショット_2016-03-21_18_57_44.png

pull

スクリーンショット_2016-03-21_19_00_34.png

リロードしないと、最新の情報が反映されないので注意。

Pull_Changes_と_activity_main_xml_-_My_Application_-____Desktop_Android_Dropbox_MyApplication19_.png

まとめ

新しい機能を追加する場合は、ブランチを作成して、都度、リモートにpushする。完了したら、プルリクエスト。レビューが通れば、リモートのmasterブランチにマージする。マージに成功したら、必要ないブランチはローカル・リモート含め削除して、最新のmasterブランチからpullして更新する。基本的にはこの流れ。