DataSpider RESTアダプタを使ってGoogleカレンダーの予定を取得する。

  • 6
    Like
  • 0
    Comment

APIの有効化

Google CalendarのAPIを有効にする必要があります。
1. Google APIsのライブラリからCalendar APIを選択します。

image

2.「有効にする」をクリックします。

image

認証情報の作成

  1. 次に「認証情報」に進みます。

    image

  2. 「ウェブサーバ(node.js、Tomcatなど)」を選択します。

    image

  3. 「ユーザーデータ」もしくは「アプリケーションデータ」を用途に合わせて選択します。

    image

  4. 「必要な認証情報」の設定します。名前に任意の値を設定します。

    image

5.認証済みのリダイレクトURIに以下の値を設定し、クライアントIDの作成を行います。
http://<DataSpiderServer稼働OSのホスト名またはIPアドレス>:<ポート番号>/dataspider/oauth_2_0

(例)
image
image

6.「ユーザに表示するサービス名」を設定します。

image

7.Client IDが発行されますのでimageをします。

image

8.ダウンロードしたファイルから以下の値をDataSpider RESTアダプタ側に設定していきます。

client_id → クライアントID
client_secret → クライアントシークレット
redirect_uris → リダイレクトURI
auth_uri → 認可エンドポイント
token_uri → トークンエンドポイント

DataSpider RESTアダプタの設定

1.上記の通りそれぞれ設定します

imageから

2.スコープを設定します。
OAuth 2.0 Scopes for Google APIsからCalendar API, v3の”Scope”をアダプタの”スコープ”に設定

image

image

3.追加パラメータを設定します。

image
4.imageをクリックしてトークンを発行します。
アカウント認証して進んでいくと、リプレッシュトークンが自動設定されます。
image

image

image
以上でOAuth2.0の設定は完了です。
最後に接続確認としてカレンダーから予定を取得します。

接続確認

0.予定を取得するAPIのパラメータを確認します。
Google Calendar API:Events: list

HTTP request
GET https://www.googleapis.com/calendar/v3/calendars/calendarId/events

1.接続先
グローバルリソースのURLにGoogleのURLを設定します。

https://www.googleapis.com/calendar/v3/calendars/

2.パス
パスにはCalendarID/eventsを設定します。
CalendarIDはカレンダーを所有しているアカウントのメールアドレスでも大丈夫です。

以上で設定は完了ですので、実行してみます。
今回はファイルに出力してみたのですが、結果として以下のようなデータを取得することができました。

image

もちろん出力形式をJSON形式に変更することで後続の処理にも簡単に渡すことができます。