GithubのSSH通信設定

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

GithubでSSHキー登録とうまくいかなかった時の対処メモです.

SSH登録の設定

キーの作成

まずクライアント(Mac)に公開鍵と秘密鍵を作成します

$ cd ~/.ssh/
$ ssh-keygen -t rsa -C "メールアドレス"
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/ユーザー名/.ssh/id_rsa): github_id_rsa
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in github_id_rsa.
Your public key has been saved in github_id_rsa.pub.
~以下略~

鍵を確認します.
github_id_rsa(秘密鍵)とgithub_id_rsa.pub(公開鍵)のファイルが確認できれば成功です.
github_id_rsa.pub をGitHubへ登録します.

クライアント側(Mac)へのSSHキーの設定

公開鍵をGitHubに登録します.
以下のコマンドで、公開鍵をクリップボードにコピーにします.

$ pbcopy < ~/.ssh/github_id_rsa.pub

画面右上にある[Add SSH Key]をクリックします.
git_ssh_set.png

[Title] の項目に公開鍵の名前(任意の名前)と[Key]の項目に先ほどコピーした公開鍵の内容を貼付けます.
最後に[Add Key]をクリックしましょう.
git_add_ssh.png

sshコマンドのオプションを省略する設定

以下の設定でssh -l git -i ~/.ssh/github_id_rsa github.comを省略します.

$ vi ~/.ssh/config

Host github.com
 HostName      github.com
 IdentityFile  ~/.ssh/github_id_rsa
 User          git

SSHの接続テスト

ターミナルのsshコマンドで接続確認を行います.

$ ssh -T git@github.com

これが出れば成功です.

Hi {account-name}! You've successfully authenticated,
but GitHub does not provide shell access.

うまくいかなかった場合

以下のメッセージが出てしまいました.

Warning: Permanently added the RSA host key for IP address '204.232.175.90' to the list of known hosts.
Permission denied (publickey).

対処1.

.sshの中にknown_hostsが自動的に作成されていますが、「github.com, ~」から始まる一行を削除します。「known_hosts」とは、SSH公開鍵のキャッシュで、初めての通信を行う際に追記登録されます.

$ vi ~/.ssh/known_hosts
~~~~ ファイルの中身 ~~~~
github.com,204.232.175.90 ssh-rsa AAA... 

対処2.

ssh-add -lして確認して、秘密鍵のパスが出てこなければssh秘密鍵を登録しましょう.

eval `ssh-agent`
$ ssh-add github_id_rsa(秘密鍵名)

接続テスト

再度、sshコマンドで接続確認を行います.

$ ssh git@github.com

これが出れば成功です.

Hi {account-name}! You've successfully authenticated, 
but GitHub does not provide shell access.

エラーの場合

これでエラーの場合は

$ ssh -vT git@github.com

で出てきたエラーコードをGoogle先生に聞いてみてください.

参考

Githubのドキュメントを参考にしてみましょう.
- GitHub Help