fitガールのネットワーク基礎知識 〜コンピュータとネットワークの歴史〜

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント

    はじめに

    こんにちは:rose::sparkles::sparkles:
    筋トレを始めてから4.5年経ち、お腹と背中に縦線が入り、絶好調な感じです:thumbsup::laughing::laughing:

    今回は、TCP/IPの重要性を理解するために、コンピュータの発達とネットワークの関わりの歴史についてです。

    バッチ処理(1950年代)

    バッチ処理とは、処理するプログラムやデータなどを、まとめて一括で処理する方式。
    プログラムやデータをカードやテープに記録して、それを順にコンピュータに読み込ませて一括処理:bangbang:

    タイムシェアリングシステム【TSS】(1960年代)

    TSSは、1台のコンピュータに複数の端末を接続し、複数のユーザーが同時にコンピュータを利用できるようにした:raised_hands::sparkles:
    TSSの登場によって、*インタラクティブな操作ができるようになった:bangbang::bangbang:

    *インタラクティブ:人間が指示を与えるたびにコンピュータが処理をし結果が返ってくること

    1965年、BASICというプログラミング言語が、アメリカのダートマス大学のケメニーとクルツによって開発された。

    コンピュータ間通信の時代(1970年代)

    コンピュータの性能が向上し、小型化、価格も安くなった時代。
    これまで、コンピュータから別のコンピュータにデータを移したい場合、*外部記録媒体にデータを保存し、それを輸送しなければいけなかった・・・。とてもめんどくさい:unamused::unamused:

    しかし、コンピュータ間を通信回路で接続するだけでデータを瞬時にやり取りできるようになった為、輸送する手間などがなくなったのだ:kissing_closed_eyes:

    *外部記録媒体:情報を記録してコンピュータからはずせるもの。当時は、磁気テープやフロッピーディスク。現在では、CD/DVDやUSB

    コンピュータネットワークの時代(1980年代)

    スーパーコンピュータや大型コンピュータ、小型のパーソナルコンピュータなど、いろいろな種類のコンピュータを相互に接続できるコンピュータネットワークが登場:bangbang::bangbang::bangbang:

    Window Systemというコンピュータ画面上で複数の窓を開くことができるシステムが開発された。

    インターネットの普及(1990年代)

    ダウンサイジング:サイズを小さくすること。

    マルチベンダ:ベンダは機器メーカーやソフトウェアメーカーのこと。いろいろなメーカーの効きやソフトウェアを組み合わせ、ネットワークを構成する場合のことを指す。

    この2つの言葉が流行した。

    E-mailの利用と、WWW(World Wide Web)による情報発信ブームが起こり、企業や一般家庭にインターネットが普及した。