筋トレ大好きな文系女学生のJava入門〜式と演算子〜

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント
    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

    はじめに

    今回は、式と演算子についてです。
    Java初心者の記事なので、基礎中の基礎のことを書いていきます :pencil: :grimacing:
    独学でやってるので、「これはJavaやっていくにあたって役に立つ知識だぞ!!」というのがあれば、コメントして頂けるととても嬉しいです :flushed: :laughing: !!

    式の構成要素

    式「a = b + 3」を分解してみると、変数「a」「b」や値の「3」、計算記号「+」「=」に分けることができます。
    この「a」「b」「5」をオペランド、「+」「-」演算子と呼び、すべての式はこの2つの要素だけで構成されています。
    オペランドの中でも数字の「3」や文字列「Muscle World」などといった、ソースコードに記述されている値のことをリテラルと呼びます。

    演算子

    Javaには多くの演算子がありますが、その中からよく使うものを紹介したいと思います。

    【代表的な算術演算子】
    +  足し算     2 + 8 =10
    -  引き算     10 - 2 = 8
    *  掛け算     2 x 5 = 10
    /  割り算     3.2 / 2 →1.6   9/2 → 4
    %  割り算のあまり 9 % 2 → 1
    
    【代入演算子】:右から左に代入する演算子
    =   右辺を左辺に代入                 a = 10 → a
    +=  左辺と右辺を足してから左辺に代入     
    -=  左辺から右辺を引き算し、左辺に代入
    *=  左辺と右辺を掛け算し、左に代入
    /=  左辺と右辺を割り算し、左に代入
    %=  左辺と右辺を割り算し、そのあまりを左に代入
    +=  左辺後ろに右を連結して代入     a += "腹筋" → a //(a =a+ "腹筋")と同じ
    

    たとえば・・・
    変数aの内容を5増やしたい場合、「a += 5」「a = a +5」の2種類の書き方がある :stuck_out_tongue_closed_eyes:

    【インクリメントとデクリメント演算子】:変数の内容を1だけ増やしたり減らしたりする場合
    ++ 値を1増やす
    -- 値を1減らす
    

    :arrow_down: :arrow_down: :arrow_down: :arrow_down:

    
    1 public class MuscleWorld{
    2   public static void main(String[] args){
    3     int a = 10;
    4     a++;   /*aの内容が1増える*/
    5     System.out.println(a);
    6    }
    7  }
    

    命令実行の文

    命令実行の文とはJavaが持っている様々な命令を呼び出すための文です。
    最も代表的なのは、
    これまでに数回出現してきた、System.out.printlnです :kissing_closed_eyes: :kissing_closed_eyes:

    【命令実行の文】
    呼び出す命令の名前(引数);
    

    引数とは、メソッドに渡すデータのことです。
    ();の中にいれるのは、引数やパラメーターと呼ばれるもの。

    今回は6つの命令文を紹介します :punch: :grin:

    【改行せずに画面に文字を入力する】
    System.out.print(1);
    /*画面に1を表示するが、改行せずに画面に表示されます*/
    
    1 public class Muscle{
    2  public static void main(String[] args){
    3    String niku = "腹斜筋";
    4    System.out.print("私のチャームポイントは");
    5    System.out.print(niku);
    6    System.out.print("です!");
    7  }
    8 }
    

    表示結果
    私のチャームポイントは腹斜筋です!

    【2つの値を比較して大きいほうの数字を代入する命令】
    
    int p( = Math.max(1,2);
    
    /*1or2は比較したい値や式。大きいほうの値がpに代入される。変数pはp以外でもOK*/
    
    1 public class Muscle{
    2  public static void main(String[] args){
    3    int a = 10;
    4    int b = 5;
    5    int p = Math.max(a,b);
    6    System.out.println("比較:"+a+"と"+b+"とで大きいほうは"+p);
    7  }
    8 }
    

    表示結果
    比較:10と5で大きいほうは10

    【文字列を数字に変換する命令】
     int a = Integer.parseInt(1);
    
    /*1は数字として解釈させたい文字列("10")など*/
    
    1 public class Muscle{
    2  public static void main(String[] args){
    3    String muscle = "15";
    4    int a = Integer.parseInt(muscle);
    5    System.out.println("腹筋の回数は"+(muscle+100)+"回ですよ❤︎!!");
    6  }
    7 }
    

    表示結果
    筋トレする回数は115回ですよ❤︎!!

    これはどーゆうことかというと、文字列の"15"を数字の15に変換して計算していることです。

    【乱数を発生させる】
    
    int a = new java.util.Random().nextInt(1);
    
    ・1は発生させる乱数の値
    ・1に1以上の整数を指定してこの命令を呼び出すと、0以上かつ1で指定した数字未満のランダムな整数がaに代入される
    例
    1に100を代入すると、aには0〜99のいずれかが代入される
    
    1 public class Muscle{
    2  public static void main(String[] args){
    3    int a = new java.util.Random().nextInt(100);
    4    System.out.println("今日の腕立ての回数は"+a+"です!!");
    5   }
    6  }
    

    今日の腕立ての回数は87回です!!
    87回のところは、毎回ランダムに表示されます。

    【キーボードから1行の文字列の入力を受け付ける命令】
    
    String input = new java.util.Scanner(System.in).nextLine();
    
    【キーボードから1つの整数の入力を受け付ける命令】
    
    int input = new java.util.Scanner(System.in).nextIn();
    
    ・これらの文を実行すると、プログラムは一時停止となり、ユーザーがキーボードから文字入力できる
    ・入力後、入力内容が変数inputに代入される
    ・nextLine()は文字列を受け取る    
    ・nextInt()は数字の入力を受け取る
    
    1 public class Muscle{
    2  public static void main(String[] args){
    3   System.out.println("名前を入力してください!");
    4   String name = new java.util.Scanner(System.in).nextLine();
    5   System.out.println("年齢を入力してください!!");
    6   int age = new java.util.Scanner(System.in).nextInt();
    7   System.outprintln("Welcome!"+age+"歳の"+name+"さん!");
    8  }
    9 }
    

    表示結果
    名前を入力してください!
    <Amippy>
    年齢を入力してください!!
    <21>
    Welcome!<Amippy>歳の<21>さん!

    ※<>はキーボードから入力したものです。