Android で Proguard を使う(ADT17以降)

  • 22
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

割とハマったのでメモ。

Proguard.cfg を使う方法はもう古い

にあるように、ADT17 以降では、既定の難読化設定は SDK のディレクトリにありそれを参照するようになっている。
プロジェクト固有の設定は proguard-project.txt に書くように既定で準備されている。

Android proguard でググって出てくる情報は、大抵は Proguard.cfg として説明されているので、その情報は断片的には使えるだろうが、古い情報として注意して参照したほうがよい。

-libraryjars について

外部ライブラリを使っている(/libs に jar を入れてる)場合、それらを -libraryjars xxx.jar と列挙しなければならないと 思っていた が不要らしい。

-libraryjars に列挙したら最初の一つしか library jar として認識してくれなくて「なにこれ?」と思ってググったら、

1) ProGuard manual > Troubleshooting > Note: duplicate definition of program/library class

The Android Ant/Eclipse builds already specify -injars/-libraryjars for you. If you specify them again in your configuration, ProGuard notes that they are duplicated. So don't specify -injars/-libraryjars.

libs配下は既定で定義済だから proguard-project.txt の方で再定義しなくてよいらしい。

-dontwarn とか -dontnote とか

「ほんとかなぁ」に同意。warning潰すのがデファクトなツールで良いの?

(私が)未解決な問題

とあるメソッドの引数 Hoge<Piyo> arg から、 Class#getGenericInterfaces()Piyo を取得していたのだけど、Proguard かけたら、 Hoge<Piyo>Hoge だけになって取れなくなってしまった。

Java のイレイジャ云々か?とも思ったけど、メソッドの引数ならいけるはずだし…

StackOverflow さんによると、

-keepattributes *Annotation* をつけるといいよ的な事が書いてあるんだけど、うまくいかなかった。

雑感

情報が新旧錯綜してる発展途上なツールを苦労して使って、設定も実装に依存するし(自動化できない)、運用時もデバッグしづらいし、この難読化って作業、コスパどうなんすかね? 所詮 Webサービスのフロントエンドである Java プログラムに、そこまで難読化にこだわることはないんじゃないかなーという私見です。

参考