powerlineをいつ使う?今でしょ!

  • 275
    いいね
  • 17
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Vim Advent Calendar 2012 136日目
さて、便利でカッコいいpowerlineさんを使う時が来たようだ!
この記事を読んでカッコいいVimにしよう!

この記事で分かること。

・最新のpowerline化
・TabLineもpowerline化
・powerlineを使う人のTmux

powerlineとはなんぞ?

「CUIってダサいよねー。どうにかしたいねー。」
「Vimってダサいよねー。」

はい、powerlineっと。

alpaca_powertabline

お..お、ぉぉ...サロメ。(※1 神の雫より)

最新のpowerline化

tmux, zsh, vimのpowerlineが元々ありましたが、最近ひとつに統合されました。
多くの人がvim-powerlineを使っていますが、個人的には新しいpowerlineの方がおすすめです。

あと、この前遊んでたらtablineもpowerline化出来ました。やった!

powerlineのインストール

NeoBundleで一発。
Vundleとか未だに使ってる人は、なんというか、、残念です。

.vimrc
NeoBundle 'alpaca-tc/alpaca_powertabline'
NeoBundle 'Lokaltog/powerline', { 'rtp' : 'powerline/bindings/vim'}
NeoBundle 'Lokaltog/powerline-fontpatcher'

フォントにパッチをあてます

powerlineは既存のフォントを拡張して、かっこ良くしてるんですよね。
パッチを当てないと文字化けするので、さくっとフォントにパッチを当てましょう。
10分ぐらいで終わるかと思います。
インストール中はアルパカを見て癒されましょう(10分)

fontforgeのインストール。
大抵のパッケージ管理で入れれます。こんな感じでしょうか。
自分の使っているパッケージ管理で入れましょう。

パッチを当てる

フォントを取り出してきて、パッチを当てます。
Macならこんな感じ。
パスは各々読み替えてください。

sudo cp /System/Library/Fonts/Ricty-Regular.ttf $HOME/.font/

fontforge -lang=py -script $HOME/.bundle/powerline-fontpatcher/scripts/powerline-fontpatcher $HOME/.font/Ricty-Regular.ttf

完了! 楽勝ですね。

powerlineを使う人のTmux

tmux-powerline

.tmux.confに下記追加。
パスは書き換えてね。

source ~/.bundle/powerline_master/powerline/bindings/tmux/powerline.conf

個人的にはtmux1.8から追加されたこのセンタリングオプションもおすすめ。
set-option -g status-justify "centre"

修正版tmux

  • iTerm2 1.0.0 20130319
  • tmux-for-iTerm2-20130319

iTerm2でpowerlineを使うと崩れちゃう、vimの文字が崩れる...。
という経験のある方はiTerm2のDouble-Width Charactersにチェックを入れたことがあるかと思います。
ただ、そうするとtmuxの分割線が崩れるんですよね...。

tmuxのこの問題、パッチで解消されてました。

iTerm2のHPより、tmux-for-iTerm2-20130319をダウンロードしてインストールしてください。
こんな感じになるのかな。

# tmuxのbuildに必要なパッケージのインストール
wget https://iterm2.googlecode.com/files/tmux-deps-v2.tar.gz
tar xvf tmux-deps-v2.tar.gz
tar xvf autoconf-2.69.tar.gz
tar xvf automake-1.13.1.gar.gz
tar xvf gettext-0.18.2.tar.gz
tar xvf libevent-2.0.19-stable.tar.gz
tar xvf pkg-config-0.27.tar.gz

# それぞれのディレクトリで
./configure --prefix=$YOUR_BIN_PATH
make && make install
wget https://iterm2.googlecode.com/files/tmux-for-iTerm2-20130319.tar.gz
tar xvf tmux-for-iTerm2-20130319.tar.gz
cd tmux-for-iTerm2-20130319
./configure --prefix=$YOUR_BIN_PATH
make && make install

ちなみに、最新のiTermとTmuxはclipboard連携が出来たり、分割後のディレクトリが同じディレクトリだったり、
便利ですよ、色々と。

おわり

お次...も@tyruさんです。笑
よろしくお願いします。