Eclipseを利用したPHP環境の構築(Mac編)

  • 40
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Eclipseを利用したPHP環境の構築(Mac編)

PHP動作環境の設定

MacはPHPとApacheがプリインストールされているため
特にXAMPPをインストールしたりする必要もなくPHPの動作環境を構築できます。
※色々と設定は必要なので、下記に記載します。

PHPの確認

ターミナルから下記コマンドを実行します。
(念のためのPHPのバージョン確認です。)

$ php -v

PHP 5.4.24 (cli) (built: Jan 19 2014 21:32:15)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

apacheの設定

apacheはプリインストールされている前提で進めます。
/etc/apache2/httpd.confを編集して、PHPを動作できるようにします。

  • 118行目あたりのコメントを外す。
httpd.conf
#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
  
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
  • 232-234行目に"index.php"を追加する。
httpd.conf
<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html
</IfModule>
  
<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php
</IfModule>
  • 477行目あたりのコメントを外してバーチャルホストの設定ができるようにする。
httpd.conf
#Include /private/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf
  
Include /private/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf

バーチャルホストの設定

apacheのデフォルトのDocumentRootを使うのはちょっと面倒くさいので、バーチャルホストの設定をします。

/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.confに下記を追加して、任意のディレクトリをDocumentRootとしてアクセスできるようにします。
※DocumentRootに設定するディレクトリ・ServerName(アクセスするURLの設定)は任意なので、下記と同じでなくて問題ないです。

httpd-vhosts.conf
<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/Users/******/Dev/sample"
    ServerName sample.local
    ErrorLog "/private/var/log/apache2/sample_error.log"
    CustomLog "/private/var/log/apache2/sample_access.log" common

    <Directory "/Users/******/Dev/sample">
        Options FollowSymLinks
        AllowOverride None
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
</VirtualHost>

/etc/hostsにバーチャルホスト名を設定するため、下記を追記します。
(ここで設定するホスト名も例です。)

127.0.0.1   sample.local

ここまで設定したら、Apacheを再起動します。

$ sudo apachectl restart

とりあえず、Apacheは一旦おいといて、Eclipseの設定します。
※自分みたく、Eclipse使わないよって人は読み飛ばしてください。

Ecipseのインストール・日本語化

「Syntax Error.」というサイトの記事を参考にさせてもらいます。
Syntax Error. - [Sy] MacにてPleiadesを使ってeclipseを日本語化する方法

・Eclipseをダウンロード

Eclipseのページ

「Eclipse for PHP Developers」をダウンロードします。
※ここでダウンロードするEclipseのバージョンを覚えておいてください。

・Pleiadesをダウンロード

Pleiadesのページ

バージョンはダウンロードしたEclipseのバージョンと同じものを選択してください。

例) Eclipse 4.4 Luna の場合
1. "Eclipse 4.4 Luna Pleiades All in One"をクリックする
2. PHP列の"Standard Edition"をクリックしてダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

pleiadesの方のディレクトリにpleiades/eclipse/dropins/MergeDocというディレクトリがあるので、eclipseの方のeclipse/dropins内にコピーします。
※pleiadesのディレクトリはもう必要ないです。

・eclipse.iniの設定

eclipseを起動する前に、iniファイルを設定しておきます。
eclipse本体のEclipse.appの上でメニューを表示すると、
「パッケージの内容を表示」というのがあるのでクリックします。

その中にある/Contents/MacOS/eclipse.iniに下記を追加します。

-Dfile.encoding=UTF-8
-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

ここまで設定して、Eclipse.appを起動します。

起動時に「Pleiades All in One」が表示されていれば日本が成功です。

・ワークスペースの設定

ワークスペースは上記Apacheのバーチャルホスト設定で設定した"/Users/******/Dev/sample"を設定します。
(今回の設定がこうするだけで、絶対にこう設定しないといけないわけではないです。)

おわり。