カラーセンサーs11059をArduinoから制御する(I2C)

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

s11059

Datasheet

s11059 Datasheet

計測可能な値

種類 概要
Red/Blue/Green/赤外 Red (λp=615 nm)、Green (λp=530 nm)、Blue (λp=460 nm)と赤外(λp=855 nm)のそれぞれに感度をもち、検出結果は各色16ビットのデジタル値で出力

Slave address

Slave Address 0x2A

Register Map

Address Name Type Default 概要
0x00 CTRL R/W 00010110 コントロール
0x01 MANUAL1 R/W 00001100(0x0C) マニュアルタイミングレジスタ
0x02 MANUAL2 R/W 00110000(0x30) マヒュアルタイミングレジスタ
0x03 RED1 R 00000000
0x04 RED2 R 00000000
0x05 GREEN1 R 00000000
0x06 GREEN2 R 00000000
0x07 BLUE1 R 00000000
0x08 BLUE2 R 00000000
0x09 IR1 R 00000000 赤外
0x0A IR2 R 00000000 赤外

Who_am_I

デバイス名を取得できるレジスターはなし

Configuration

CTRL 0x00
Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
ADCリセット スリープ機能 スリープ機能
(モニタ)
0 ゲイン 積分モード  積分時間 積分時間

ADCリセット

1にする事で、ADC部がリセットされる(レジストデータはリセットされない)。0にする事で、動作が開始される。

  • 1 リセット
  • 0 動作開始

スリープ機能

ビットを1にする事で、待機モードに。0にすると動作する。

  • 1 待機モード
  • 0 動作マード

ゲイン

ゲイン比率は10倍。

  • 1 Highゲイン
  • 0 Lowゲイン

積分モード

マニュアル計測モードは、一度計測すると待機モードに移行する。固定設定モードは、測定は継続的に繰り返される。

  • 1 マニュアル設定モード
  • 0 固定設定モード

積分時間設定

Bit1 Bit0 積分時間設定
0 0 87.5us
0 1 1.4ms
1 0 22.4ms
1 1 179.1ms