Mac標準のbashからzshに変えた時のメモ

  • 32
    いいね
  • 5
    コメント

普段macを使うときはbashを使っています
しかし、wakatimeを使う上でzshも使えると聞いて、zshに変えてみることにしました
その際にインストールしたものや設定などのメモです

このwakatimeを使う上で設定した内容を今後の自分のためにメモしておきます

1. brewのインストール

まずはzshのインストールのためにbrewを使います

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
brew update; brew upgrade --all; brew doctor

これで、Your system is ready to brewと表示されれば準備完了です

2. 最新のzshのインストール

コマンドは下記のみを実行すればOKです

brew install zsh zsh-autosuggestions zsh-completions zsh-syntax-highlighting colordiff reattach-to-user-namespace tmux

3. zshのプラグイン管理

世の中にはいろんなプラグインを管理するツールがあるのですが、zplugをお勧めします

Antigenを使っても良いのですが、フォルダ階層が深く、インストールがちょーっとめんどくさい感じでした
zplugはインストールも簡単(git cloneするのみ)で、vundleと同じ要領で扱えるものです

ということで、zplugのダウンロード、インストールですが

git clone https://github.com/zplug/zplug.git .zplug

4. .zprofileの設定

zshは.zprofile.zshrcの二つを使い、設定を行います
なんとなく.zprofileがzshにまつわる設定っぽい感じにして、.zshrczplugの設定っぽい感じにしてみました

まずは.zprofileから記述します

.zprofile
# 補完機能
autoload -U compinit
compinit

# prompt
PROMPT='%m:%c %n$ '

# コマンド履歴
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=6000000
SAVEHIST=6000000
setopt hist_ignore_dups     # ignore duplication command history list
setopt share_history        # share command history data

# コマンド履歴検索
autoload history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^P" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^N" history-beginning-search-forward-end

# alias
alias diff="coloddiff"

5. .zshrcの設定

.zshrc側でzplugを読み込むようにし、使用するプラグインを記述します

.zshrc
source ~/.zplug/init.zsh

zplug "wbinglee/zsh-wakatime"

# syntax
zplug "chrissicool/zsh-256color"
zplug "Tarrasch/zsh-colors"
zplug "zsh-users/zsh-syntax-highlighting"
zplug "ascii-soup/zsh-url-highlighter"

# program
zplug "voronkovich/mysql.plugin.zsh"

# tools
zplug "marzocchi/zsh-notify"
zplug "oknowton/zsh-dwim"

6. bashからzshへの切り替え

システム環境設定からユーザとグループを選択し、鍵のチェックを外します
該当ユーザに対し、副クリック(Control+クリック)で、詳細オプションを表示します
ログインシェルを/bin/bashから /bin/zsh /usr/local/bin/zshに切り替えます

2016/7/5 追記
which zsh やればわかる話ですが、pathが/usr/local/bin/zshでした!
一ヶ月近く気づかず放置してました(汗)
重ねてご指摘ありがとうございましたー!

7. terminalの再起動

terminalを再起動。
Command + q もしくは exitなどでterminalを終了したら起動する

8. .zshrcに記述したプラグインのインストール

.zshrcに記述したpluginをインストールする
下記のコマンドを実行すれば一気にごっそりインストールできます

zplug install

終わり

面白いpluginや便利なplugin、好きな設定が見つかったら随時加筆修正していきます
やー、zplug考えた人はすごい!