この投稿は 限定共有に設定されています。 投稿者本人及びURLを知っているユーザーのみアクセスすることができます。

Observing the User Experience 13 Grobal and Cross-Cultural Research

  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

序論

調査はだいたい知っている人に対して行われる。調査者やっとうさ対象の共通理解に基づいて想定する。同じ言語、同じような技術の体験。
言語は簡単な違いだ。
いつもとどう違う体験がもたらされるのかを考慮する必要がある。

グローバルとはなにか?異文化とはなにか?

グローバルリサーチとはなにか?
自分の国境を超えた調査である。

異文化とは?
Sir Edward Tylor’s 1871 definition:
That complex whole which includes knowledge, belief, art, morals, law, custom, and any other capabilities and habits acquired by man as a member of society.
会社での部門間でもそうだし、海外旅行に行っても同じ。

異文化調査は国境を超える必要がなく、グローバル調査は文化を超える必要はない。

このチャプターについて

グローバル調査や異文化調査において、どう適応していくかが書いてある。
1つのことは書いていない。

調査計画

仮設をチェックする

• They might have fewer computers per household.
• They might have started taking digital photos more recently
than North American users, and so might not have as many
photos stored.
• They might take more of their digital pictures with mobile
phones, rather than digital cameras.
• They might have larger families.
• They might have closer relationships with grandparents, aunts,
uncles, and cousins.
• They might spend more of their time outdoors or take more
of their pictures outdoors.
• They may have a more positive view of our brand than
customers in North America.

初心者への心得

IDEOTOOLKITS
ビギナーはクリティカルだ!仮設なしで似たような環境に入る場合、直前の経験を基にする。これはいつもやるのは難しいということだ。自分の経験世界、自分が考えていること、知っていることを通訳することは難しい。この個人的な体験の観点は私達が焦点を当てていることに影響を与えるそして、重要な地問題を見ることができなくなる。
調査をやる前のエクササイズ!

調査に焦点をあてる

Insights are seldom about the place or the people you visit.The insights that have the greatest shelf life are the ones you have about your product, yourself, your assumptions.
– Patrick Larvie, Staff User Experience Researcher, Google

table 13.1
スクリーンショット 2014-10-12 14.22.32.png

アプローチを選ぶ:旅行、リモートでの調査もしくは外注にするか

国際調査の大体の目安

もし出張を考えるなら

  • 予算がある
  • 基本的な知識が必要
  • 地元のコネクションにアクセスする必要がある。もしくは、コネクションを作る時間が必要。

もしリモートでの調査を考えるなら

  • すでに、基本的な製品ユーザーの人口の知識が必要。
  • ユーザーが信頼できるインターネット環境があること。
  • 定期的な実地調査が可能であること。

もし現地のプロバイダーを使うことを考えるなら

  • ユーザビリティのような具体的な評価的な研究(調査)を行っている。
  • 実地調査が実行できる調査が必要である。
  • 出張へ行く予算がない、もしくは主張の準備をする時間がない。(もしリモートで調査ができるのならば、とても良い)

多言語による調査

翻訳でのインタビュー

他に翻訳が必要なこと

リクルーティング

インタビューと観察の実施

実地チームを設立する

連絡係とガイド

通訳とモデレーター

補佐

信頼を築く

実地で一番時間を使うところ

国際調査の行動規範

  1. 賠償?(釣り合い、相殺、報酬)釣り合った報酬を
  2. インフォームドコンセント 
  3. 意見の所有権を尊重する あなたのアイディアか会社の知財でありますといえない。

グローバルと異文化調査

不均等な収入を交えた調査

部屋の中の象

調査計画を実行するための戦術的な挑戦

データを分析する

起動修正

あなたの国際調査プログラムを作る

国際か異文化調査を問題は組織を役に立つものにする。それぞれのユーザーにそっていなくても、文化と国のグループに属しているものであるれば、これはあなたのニーズがどのようにユーザーと調査を見ているかを再評価することを意味する
驚くような類似点と相違点があるだろう。
異国のある固定ユーザーを維持するには発売するとき何が起こるのだろうか?
長い期間の解決案は、国際的なパートナーとの管理とそれぞれの調査の契約によってなされる。
持続的な国際的な調査をするにあたって、信頼関係が求められる。洗礼旅行は組織のチームワークを向上し、発展プロセスをまた元気にしてくれる。長い期間の調査と同じである。
海外調査と異文化調査において良いことは、継続的に仮設を改めることだ。悪い頻度特に初めになれること、どのように早く方法を変えることを学ぶことで現れる。
初心者の心得の原則にもどれば、初心者はいつも驚く、新しい地域化文化のユーザーにしらせれば、あなたに驚く、たくさんこなして学ぶことで知るしか無い。