npmコマンド覚え書き

  • 87
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

npm とは Node Package Manager の略で Node で 作られたパッケージモジュールを管理するためのツールです

1. npmのバージョンを確認する

$ npm -v
1.4.9

2.パッケージのインストールする

2.1.パケージのインストール(ローカル)

npm install package_name

2.2.パッケージのインストール(グローバル)

-gオプションを指定すると、グローバル領域にインストールされる。

npm install -g package_name

2.3.パッケージをインストールし、package.jsonへ書き込む

--saveオプションを指定して、package.jsonのdependenciesにバージョン付きで書き込む

npm install --save package_name

--save--devオプションを指定して、package.jsonのdevDependenciesにバージョン付きで書き込む
このオプションは開発時のみに利用するライブラリのバージョンを管理します。

npm install --save--dev package_name

2.4.グローバルインストールされたパッケージを確認する

$ npm ls -g
/Users/my_user/.nvm/v0.10.33/lib
├─┬ coffee-script@1.8.0
│ └── mkdirp@0.3.5
├─┬ express@4.10.2
│ ├─┬ accepts@1.1.3
│ │ ├─┬ mime-types@2.0.3
(略)
├─┬ js2coffee@0.3.3
│ ├─┬ coffee-script@1.7.1
│ │ └── mkdirp@0.3.5
│ ├── file@0.2.2
│ ├─┬ nopt@3.0.1
│ │ └── abbrev@1.0.5
│ └── underscore@1.6.0
└─┬ npm@1.4.28
  ├── abbrev@1.0.5
(略)

2.5.対話形式でプロジェクトの初期設定を行う

対話形式で項目を週力してpackage.jsonを作成する。

$ npm init
This utility will walk you through creating a package.json file.
It only covers the most common items, and tries to guess sane defaults.

See `npm help json` for definitive documentation on these fields
and exactly what they do.

Use `npm install <pkg> --save` afterwards to install a package and
save it as a dependency in the package.json file.

Press ^C at any time to quit.
name: (sample) sample
version: (1.0.0) 
description: log4js sample project.
entry point: (index.js) app.js
test command: 
git repository: 
keywords: 
author: 
license: (ISC) 
About to write to /Users/my_user/Development/node.js/sample/package.json:

{
  "name": "sample",
  "version": "1.0.0",
  "description": "sample project.",
  "main": "app.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}


Is this ok? (yes) yes